北欧絵本、子供と一緒に世界中の本を読もう

海外で読書を通じての日本語育児中。 また北欧の本を中心に、その他ジャンルや国を問わずお気に入りのことなどを個人的なエピソードと共にご紹介。
2017/07 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ムーミン(アニメ) by トーベ・ヤンソン

「Mumins memoarer(ムーミンの思い出)」の後半、舞台は北欧から日本へ飛びます。

70年代の日本の映像と共に、流れてきたのは ♪ねぇ、ムーミン。 こっちむいて♪♪ という懐かしい歌。 68年製作の初代ムーミンアニメの主題歌。 私は今でも頻繁に口ずさみます。 (そう、私は初代ムーミンアニメで育った世代。) 

しかし、トーベ・ヤンソンはこのアニメを見て大変怒り、日本国外での放映を禁止したそう。 原作とあまりに違うし、ムーミンは緑、ムーミンのガールフレンドはピンク色だったから。 確かに今見れば、かなり変かも・・・ でも私の、大切な思い出のムーミン。 この番組を見て、かえって初代ムーミンアニメに興味を持った、スウェーデン人もいました。

というのも、90年に日本で製作されたアニメトーベ・ヤンソンの楽しいムーミン一家 第1巻 / トーベ・ヤンソン、 他は、スウェーデンのテレビでも放映されていますし、DVDも人気。 義母は、孫のために買ったムーミンのビデオを、結局自分のものにして、ちょくちょく観ています。 「これが日本で製作されたなんて! ムーミンの世界がとてもよく描かれていて、日本人は本当にムーミンのことを、よく理解しているのね」と感心するやら喜ぶやら。 番組では、トーベ・ヤンソン自身が日本を訪れ、このアニメの試写を見ている映像も出てきましたが、彼女も大変喜び満足していました。 それほど評価は高いようです。

ところで、スウェーデンで放映されているアニメで、ムーミンたちは「フィンランド系スウェーデン語」を喋っています。 フィンランド語は母音が多く、発音も力強い。 フィンランド人がスウェーデン語を話すときは、そのように力強く独特なメロディになります。 スウェーデン人はムーミンたちも、そう話していると思っているのです。

それが証拠に、こんなエピソードが・・・ 先日電車に乗ったとき、前の座席に小さな子供を連れた女性が座りました。 彼女はムーミンの絵本を取り出し、子供に読み聞かせていたのですが、ナレーションの部分は普通のスウェーデン語、しかしムーミンたちの会話部分では、声色を変え、フィンランド系スウェーデン語の発音になるのでした。 これが正しいムーミンの読み方だとか。

300ピース ムーミン谷の仲間たち AS-300-12 300ピース ムーミン谷の仲間たち AS-300-12
()
毛塚合紙所
この商品の詳細を見る

さて、番組では、ムーミンに携わった日本の人々のインタビューや、日本でどれだけムーミンが愛され、キャラクターグッズなどを含め、どれほどムーミンの世界が広がっているか、その様子も映し出されました。

「日本と北欧は、遠く離れているし、文化も自然も違う。 なのに、何故日本人は、フィンランド・スウェーデン独特のファンタジーの世界を、一番よく理解できるのかしら?」と、義母はふと不思議に思うようです。 何故でしょうね? ムーミン大好きな方、どう思われますか?
関連記事


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク


▽コメント

ムーミントロール

昨日、妖精に関する本の記事を載せたところ、ムーミントロールについてのコメントを頂いたんです♪
やはり、我々日本人にとってもヤンソンの生み出したこのキュートな妖精は、忘れえぬ存在。
ムーミン族を「カバさん」と勘違いしている方も少なくないようです。
森の奥深くの丘や塚や谷に住まう小さな妖精…それが、ムーミントロール…
アニメの色彩、思い出の中では更に色鮮やか!

カバではなくて妖精よ

RENEさんのブログは私も、まめに拝見させていただきいています。 妖精の本の記事も、大変興味深く読みました。 日本人にとっては、ムーミンは、忘れてはいけない、かわいい妖精なんですね!

そういえば、ムーミンたちがカバと間違えられ、動物園に連れて行かれるエピソードが、原作にもアニメにもありました! あれは、作者トーベ・ヤンソンが、ムーミンをカバさんに間違えられることにウンザリして、作ったお話だったのかな!?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://hokuoehon.blog59.fc2.com/tb.php/6-26dc2062

 | HOME | 

検索はこちらで


↓グーグルで検索↓
カスタム検索

↓ブログ内検索↓


スポンサーリンク



カテゴリー



プロフィール


Kanel

Author:Kanel
「Kanel」 とはスウェーデン語で、「シナモン」のこと。 写真はスウェーデン名物、Kanelsnäcka(シナモンロール)と、私の大好きなスウェーデンの絵本、Findusです。


メッセージ



タグ


タグのキーワードからも記事を検索できます。

リンドグレーン ムーミン スコーネ  ラーゲルレーヴ ブリクセン ニルス アラビア 切手 バック フィンランド ドイツ アルフォンス ワンダーブック Nordqvist ラーバン バウアー Bergman ベスコフ アンデルセン トムテ Findus デンマーク ピッピ リネン うんち ルイボス バーナビー警部 スウェーデン 刺繍 アルミニア レトロ クリスマス ロイヤルコペンハーゲン ジョン ホガナス サッシェ サシェ リッラン リンdグレーン パエトーン ミヤオ Tan Shaun マウス ぽこよ Bilibin ビリービン ホッツェンポロッツ 赤坂三好 えほん寄席 しばわんこ クリスマスシrール オペラ くるみ割り人形 リスベスツヴェルガー ヴァランダー リネア バムセ オースティン 復活祭 人形 古本屋 おがくず人形 Ottalia Adelborg ケイトグリーナウェイ 鉤針編み チロルテープ カフェマット クロス 


北欧絵本関連




RSSフィード



訪問してくださった方々