北欧絵本、子供と一緒に世界中の本を読もう

海外で読書を通じての日本語育児中。 また北欧の本を中心に、その他ジャンルや国を問わずお気に入りのことなどを個人的なエピソードと共にご紹介。
2017/04 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

長くつ下のピッピとジブリアニメ

デンマークがアンデルセンなら、フィンランドがムーミン&トーベ・ヤンソンなら、スウェーデンはアストリッド・リンドグレーンピッピでしょう。 

(それぞれの国で世界的に知られる人物をあげてみると・・・ 奇しくも、大人も子供も魅了する本の執筆者、あるいはキャラクターですね。)

先日スウェーデンの国営放送で、リンドグレーン生誕100年にちなみ『長くつ下のピッピ (Pippi Långstrump) 』に関する特番を放映していました(製作は2005年の再放送でしたが)。 1945年にスウェーデンで最初のピッピが出版されて以来、世界の国々で翻訳され、世界中の女の子の憧れとなっている、世界で一番強い女の子。ピッピ。

長くつ下のピッピ―世界一つよい女の子 (リンドグレーン作品集 (1))長くつ下のピッピ―世界一つよい女の子 (リンドグレーン作品集 (1))
(1988/01)
リンドグレーン大塚 勇三

商品詳細を見る


番組内で、スタジオジブリの高畑勲監督へのインタビューもありましたが、宮崎駿氏と高畑勲氏が日本でのピッピのアニメ製作許可を求め、スウェーデンまでリンドグレーンに会いに行ったけれど、にべもなく断られたというのは、有名な話。 (1960代終わりか70年代初めのこと。)

リンドグレーンは、実写映像化の許可は出していたもの(リンドグレーン作品は多く映像化されています)、アニメ化に対しては、誰であろうと、どこの有名スタジオであろうと、ノーと言い続け、承諾しませんでした。

リンドグレーン作品集 長くつ下のピッピ 3冊セットリンドグレーン作品集 長くつ下のピッピ 3冊セット
(2004/11/17)
アストリッド・リンドグレーン

商品詳細を見る


それが、なぜか突然、90年代にカナダとドイツ合作によるアニメ化を許可。 これが酷い作品で、悪名高いのなんの!

長くつ下のピッピ長くつ下のピッピ
(1998/03)
アストリッド・リンドグレーン

商品詳細を見る

なんでリンドグレーンは、これを許可したの・・・ と、人々は腑に落ちないどころか、嘆き悲しみます。 番組内でも、ピッピに関する論文で博士を取った研究家は目むいて悲観にくれるし、ピッピと哲学について執筆しているノルウェーの哲学者は「自分の子供が暴力的な番組やポルノを見ていても気にしないが、アニメのピッピなんて見ていたら張り倒す!」とまで言うし。

特にジブリアニメの国際的な評価が定まっている現在、宮崎駿らの手でアニメ化されなかったのは、本当に悔やんでも悔やみきれないようで、そう切々と訴える人達にスウェーデンで何人も会いました。 (私に言われても、どうしょうもないのですが・・・)

リンドグレーンは昔の人だし、アニメのことなど何も知らず、アーティストでもなかったので、芸術の質など無頓着だったのかな、って気がします。

でも日本でアニメ化されてたのと、されてなかったのでは、日本での人気も、まったく違ったでしょうね。 ムーミンと比べてみても。

世界的には、ムーミンよりピッピの方が知名度が高いようですが、日本では圧倒的にムーミンですよね。 それはアニメの影響が大きいと(最初のムーミンアニメ世代は)思います。

最近、『となりのトトロ』のスウェーデン語版DVDが発売され、義母は早速購入したとのこと。 私たちが持っていた日本語版(英語字幕付き)のDVDを最初に観てから、すっかりこのアニメに魅了されてしまった義母。 ムーミン大好きなお兄さんにも観せたところ、やはりハマってしまいました。 それから二人は、ちょくちょくトトロのDVDが観たくなり、ただいまも貸し出し中。 「でもこれから、いちいち借りなくても、好きなときに好きなだけ観れるわぁ」とご満悦の様子です。

となりのトトロとなりのトトロ
(2001/09/28)
日高のり子坂本千夏

商品詳細を見る
関連記事


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク


▽コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://hokuoehon.blog59.fc2.com/tb.php/52-96083296

 | HOME | 

検索はこちらで


↓グーグルで検索↓
カスタム検索

↓ブログ内検索↓


スポンサーリンク



カテゴリー



プロフィール


Kanel

Author:Kanel
「Kanel」 とはスウェーデン語で、「シナモン」のこと。 写真はスウェーデン名物、Kanelsnäcka(シナモンロール)と、私の大好きなスウェーデンの絵本、Findusです。


メッセージ



タグ


タグのキーワードからも記事を検索できます。

リンドグレーン ムーミン スコーネ  ラーゲルレーヴ ブリクセン ニルス アラビア 切手 バック フィンランド ドイツ アルフォンス ワンダーブック Nordqvist ラーバン バウアー Bergman ベスコフ アンデルセン トムテ Findus デンマーク ピッピ リネン うんち ルイボス バーナビー警部 スウェーデン 刺繍 アルミニア レトロ クリスマス ロイヤルコペンハーゲン ジョン ホガナス サッシェ サシェ リッラン リンdグレーン パエトーン ミヤオ Tan Shaun マウス ぽこよ Bilibin ビリービン ホッツェンポロッツ 赤坂三好 えほん寄席 しばわんこ クリスマスシrール オペラ くるみ割り人形 リスベスツヴェルガー ヴァランダー リネア バムセ オースティン 復活祭 人形 古本屋 おがくず人形 Ottalia Adelborg ケイトグリーナウェイ 鉤針編み チロルテープ カフェマット クロス 


北欧絵本関連




RSSフィード



訪問してくださった方々