北欧絵本、子供と一緒に世界中の本を読もう

海外で読書を通じての日本語育児中。 また北欧の本を中心に、その他ジャンルや国を問わずお気に入りのことなどを個人的なエピソードと共にご紹介。
2017/05 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

Findus & Sven Nordqvist

ブックフェアにて、私のために、いろいろお土産を探してくれた夫。 カバンから取り出したのを見て、思わず悲鳴をあげたのは、大好きなスウェーデンの絵本 Pettson och Findus シリーズの、ねこの Findusフィンドゥス、日本語訳ではフィンダスとされていたようですが・・・)グッズ。 Findus は、見ているだけで気絶するほどカワイイ、私のアイドルです。

Findus が大きく一面に描かれたプラスチックバック。 この大きさ(約40cm四方)が、嬉しーい! もう、ほお擦りして静電気を起こしたくなるくらい、Findus が、かわいいー!!

findusb1.jpg

こちらもプラスチックバック。 上記のバックとほぼ同じ大きさ。 ああ~ん、口を開けた Findus も、かわいいーー! このバックは、目の前の壁に掛けて飾ってあります。 

findusb2.jpg

次に取り出したのは、なんと Findus の絵本! (この画像は、ドイツ語版です。)

Mit Findus durchs ganze JahrMit Findus durchs ganze Jahr
(1999/02)
Sven Nordqvist

商品詳細を見る

そして、表紙を開けると、そこには・・・ Findus の生みの親である、Sven Nordqvist のサインが! しかも、私の名前も入ってる!!

findusb3.jpg

ええっ~、どぉおしたのおぉおお、これぇええぇぇ~~!?

「ブックフェア会場を歩いていたら、Sven Nordqvist がいたんだよ。 新作の絵本を発表したばかりで、出版社からプロモーションのため、連れてこられたらしい。 絵本を買った人たちにサインをしたり、握手をしたりするのに、ちょっと辟易している様子だった」

「それで、人が引けたときに、話しかけてみたんだ。 会場は乾燥して、人込みで空気も悪く、喉の調子が悪そうだったので、ヴィクス(のど飴)を差し出したら喜んで。 それから、他愛ない、ごくごく日常的な会話をした。 彼に接する人たちは、ヘンに気を使ったり、熱狂的になったりするので疲れていたようで、普通の会話ができるのが嬉しかったみたい。 とても機嫌良く話してくれたよ。 Sven Nordqvist は、思ったよりおじいちゃん、歳を取っていたので、ちょっとビックリ」

「私の妻が Findus の大ファンなんですよー、と言ったら、この本は持っているかい? と、そこに積んであった Findus の絵本を手にしたので、持ってないです、と言うと、じゃあ、これを奥さんにって、サインしてくれたんだ」

夫の話を聞きながら、Sven Nordqvist 氏のサインを見ていると、信じられないような夢心地。 私のためにサインをした絵本をプレゼントしてくださるなんて。 うわぁ~。 Sven Nordqvist さん、ありがとうございます。

この絵本とサインは、私の宝物です。
関連記事


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク


▽コメント

凄ーくご無沙汰してます

子供達の行事が次から次へと押し寄せてきて来月まだ3つほど残っています(ToT)近所の図書館にはフィンダスシリーズが5冊あります。宝島社発刊です。虎に似た猫で可愛いですよね。先日、朝のテレビ番組でフィンランド特集を放送していました。「リンゴンジャムとやらをミートボールにつけるんかい?!一体どんな味なんかい?!」とびっくり仰天~(/ロ゜)/そして例のザリガニさん料理も出てきました。ザリガニ祭りではザリガニ柄のエプロンや帽子を被ってザリガニさんを食べるのですね~?ところでそちらではハロウィンはかなり盛り上がるのでしょうか?日本では最近やっと店頭にハロウィングッズが並ぶようになったみたいですね。

ジュリアさんへ

私は Findus の日本語版を読んだことがないんですよ。 もう絶版になっているようですが、図書館に行けば、あるんですね!
ハロウィンは、イギリス、アイルランド、アメリカの行事のようです。 スウェーデンの伝統としては、この時期「万霊節、聖人の日」という、死者の霊が帰ってくるという祝日があります。 しかし、アメリカ的な商業主義のハロウィンはスウェーデンでも近年盛り上がり、嘆かわしいかぎり。
スウェーデンでも、ミートボールにリンゴンジャムを付けて食べますよ! 丁度そのような内容の記事を、メインブログに書いたばかりです。 よろしかったら、ご参照ください♪

本当だ!

さっき初めてメインブログにお邪魔してみました。日本のイチゴジャムやフルーツジャムとは全く違う味なのかしら?メイプルシロップみたいなもの?でもオーストラリアのアルマイトよりずっと美味しそう。肉団子も甘酢タレだからリンゴンジャムのミートボールも違和感ないかもしれませんね♪実は前回のコメント時にKanelさんがフィンランド在住と勘違いしてしまいました~スウェーデンでしたね~大変失礼しましたm(__)mこちらではやはりハロウィンは全く盛り上がっていません。

ジュリアさんへ

フィンランドもスウェーデンも、食に関しては、あまり違いはありませんよ。 自然も似てますし。 (同じスカンジナヴィア半島でくっついているし。)
ジャムは、ジェルなので、濃い~甘~い味です。 メープルシロップとも、また違います。 オーストラリアのアルマイト!! 見た目チョコクリームのようですが、あれは・・・ 塩辛いですよねっ! 国によっての味覚って、分かりませんね。

すみませ~ん

アルマイトじゃなくベジマイトですよね(≧≦)失礼しました。
ハロウィンは英会話学校以外はまったく盛り上がりませんでした。

ジュリアさ~ん

ああ、ベジマイト! 私も「アルマイト」で、すっかり頷いてしまいました。 確か、そうそう、そんな名前よね、あの黒いヤツと、納得してしまいました。
オーストラリアでベジマイトを食べたのは、十数年も前のことなので・・・ 
ハロウィン、こちらでも今年は盛り上がっている様子はありませんでしたよ。

うわ~~!

ご無沙汰しております。自分のブログもしばらく手付かずな上 、ブログ探索もひっさしぶり~・・で、kanelさんのブログ見て びっくり!新作のFindusの本やgoodsなのですね~。可愛いわ!で、ブックフェアで 妻の好きな贈り物を捜し歩いたご主人はなんて素敵なのでしょう。kanelさんの喜びようを見て、ご主人もどんなにかhappyな気持ちになったことでしょうね。忘れられないブックフェアになりましたね。記事を読んでる私まで心温まる気持ちになりました。・・ところで、先日 私の住んでる街の近くでも ガーデニングのお店の入り口にfindusのおじいさん(名前ド忘れした)の大きなお人形があり、びっくり!
今度 ブログに載せますね! 

lemonさんへ

お久しぶりですっ! 夏頃からブログが更新されていなかったので、どうしていらっしゃるのかと思っていたのですが、お元気そうで何よりです。 またlemonさんのブログにも遊びに行きますね。
ところで、北海道のガーデニングのお店に、Findusのおじさん(Pettson) がいるなんて~~! ええっー、ビックリ、ぜひ見たいです♪ 写真、楽しみにしてますね~!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://hokuoehon.blog59.fc2.com/tb.php/50-b662f6b0

 | HOME | 

検索はこちらで


↓グーグルで検索↓
カスタム検索

↓ブログ内検索↓


スポンサーリンク



カテゴリー



プロフィール


Kanel

Author:Kanel
「Kanel」 とはスウェーデン語で、「シナモン」のこと。 写真はスウェーデン名物、Kanelsnäcka(シナモンロール)と、私の大好きなスウェーデンの絵本、Findusです。


メッセージ



タグ


タグのキーワードからも記事を検索できます。

リンドグレーン ムーミン スコーネ  ラーゲルレーヴ ブリクセン ニルス アラビア 切手 バック フィンランド ドイツ アルフォンス ワンダーブック Nordqvist ラーバン バウアー Bergman ベスコフ アンデルセン トムテ Findus デンマーク ピッピ リネン うんち ルイボス バーナビー警部 スウェーデン 刺繍 アルミニア レトロ クリスマス ロイヤルコペンハーゲン ジョン ホガナス サッシェ サシェ リッラン リンdグレーン パエトーン ミヤオ Tan Shaun マウス ぽこよ Bilibin ビリービン ホッツェンポロッツ 赤坂三好 えほん寄席 しばわんこ クリスマスシrール オペラ くるみ割り人形 リスベスツヴェルガー ヴァランダー リネア バムセ オースティン 復活祭 人形 古本屋 おがくず人形 Ottalia Adelborg ケイトグリーナウェイ 鉤針編み チロルテープ カフェマット クロス 


北欧絵本関連




RSSフィード



訪問してくださった方々