北欧絵本、子供と一緒に世界中の本を読もう

海外で読書を通じての日本語育児中。 また北欧の本を中心に、その他ジャンルや国を問わずお気に入りのことなどを個人的なエピソードと共にご紹介。
2017/05 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ブックフェア Bokm�ssan

北欧最大規模のブックフェアが、毎年9月下旬に、スウェーデン第2の都市イエテボーリ(ヨーテボリと表記されることも。 スウェーデン語名は G�teborg ですが、英語名は Gothenburg)で行われます。

Bok & Bibliotek Goteborg Book Fair

今年の開催期間中、丸4日間ブックフェアに参加していた夫、仕事の合間に何をしていたかといいますと・・・ 私への、お土産探し!

ブックフェアなので、プロモーショングッズもいろいろ豊富。 お土産の一部を公開しますと・・・

一見、分厚い本のようですが、中は白紙のメモ帳。 このサル、かわいい!

bokmssan1.jpg

個人経営の出版社 (Bergelinds F�rlag) で、ご自分で描いたイラスト商品の販売をしていた方からいただいた、クリスマスカード(絵葉書)。 伝統的な趣の、スウェーデンのクリスマス風景が、私好みです。

bokmssan2.jpg


そして、私の宝物になったお土産は・・・

お土産第2弾 Findus & Sven Nordqvist

お土産第3弾 最初のムーミン本
関連記事


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク


▽コメント

いいな、いいなぁ~

ステキなお土産ばかり!
ご主人お優しくて羨ましいですゾ^^
このアルファベット画、欧州の香りがする。。。モノグラムとはまた違った華やかさがありますね。
ケート・グリーナウェイの絵と似てるけれど、私こういうの好きだわ。
Kanelさんの宝物になったお土産の記事も、楽しみに待つことにしましょう♪

ブログ仲間から、バトンが回ってきたので記事立てしたのだけれど、良かったらKanelさんも受け取って貰えるかしら?
気が進まないようなら、スルーして頂いても構わないので、偵察しにきてください(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

RENEさんへ

RENEさんの旦那様も、優しくて素敵な方とお見受けいたします♪
(メタル好きな人に、悪い人はいない!)

そうですね、ケート・グリーナウェイより9年後に生まれたOttilia Adelborg、ケート・グリーナウェイの影響を強く受けているのではないかと思います。
でも描かれている花はスウェーデンの一般的な草花(といっても、やはり英国の草花と共通するものが多いですが)。
少女趣味かもしれませんが、私も好きですよ~。

バトンありがとうございます!
ちょっとお時間くださいね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://hokuoehon.blog59.fc2.com/tb.php/48-d4129e66

 | HOME | 

検索はこちらで


↓グーグルで検索↓
カスタム検索

↓ブログ内検索↓


スポンサーリンク



カテゴリー



プロフィール


Kanel

Author:Kanel
「Kanel」 とはスウェーデン語で、「シナモン」のこと。 写真はスウェーデン名物、Kanelsnäcka(シナモンロール)と、私の大好きなスウェーデンの絵本、Findusです。


メッセージ



タグ


タグのキーワードからも記事を検索できます。

リンドグレーン ムーミン スコーネ  ラーゲルレーヴ ブリクセン ニルス アラビア 切手 バック フィンランド ドイツ アルフォンス ワンダーブック Nordqvist ラーバン バウアー Bergman ベスコフ アンデルセン トムテ Findus デンマーク ピッピ リネン うんち ルイボス バーナビー警部 スウェーデン 刺繍 アルミニア レトロ クリスマス ロイヤルコペンハーゲン ジョン ホガナス サッシェ サシェ リッラン リンdグレーン パエトーン ミヤオ Tan Shaun マウス ぽこよ Bilibin ビリービン ホッツェンポロッツ 赤坂三好 えほん寄席 しばわんこ クリスマスシrール オペラ くるみ割り人形 リスベスツヴェルガー ヴァランダー リネア バムセ オースティン 復活祭 人形 古本屋 おがくず人形 Ottalia Adelborg ケイトグリーナウェイ 鉤針編み チロルテープ カフェマット クロス 


北欧絵本関連




RSSフィード



訪問してくださった方々