北欧絵本、子供と一緒に世界中の本を読もう

海外で読書を通じての日本語育児中。 また北欧の本を中心に、その他ジャンルや国を問わずお気に入りのことなどを個人的なエピソードと共にご紹介。
2017/05 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

レーナ・マリア

スウェーデン人ゴスペルシンガーとして活躍するレーナ・マリアが、スウェーデンの番組にゲスト出演していました。 そこで紹介されていた、日本で出版されている彼女の漫画。

レーナ・マリア―障害をこえて愛と希望を歌い続ける女性シンガー (学習まんがスペシャル)レーナ・マリア―障害をこえて愛と希望を歌い続ける女性シンガー (学習まんがスペシャル)
(1999/03)
あべ さより、菅谷 淳夫 他

商品詳細を見る

「このマンガは偉大な人たちの伝記シリーズで、マザーテレサ、ダイアナ妃やモーツァルトなどに続いて・・・ レーナ・マリアなんです」と可笑しそうに笑う彼女。 「で、レーナ・マリア、なんですかぁ」と腑に落ちない面持ちの司会者。

それもそのはず、日本をはじめアジアでも人気が高く、ツアーを何度も行っているレーナ・マリアですが、実は本国スウェーデンでは、ほとんど知られていません。

そんな彼女が、日本では国民の80%が知っている超有名人で、偉人として扱われ、歴史上の大人物と共に伝記漫画に描かれるなんて、スウェーデン人にしてみたら「??????」なんでしょうね。

レーナ・マリアは、現代版ヘレン・ケラーなのかなぁと思い、「ヘレン・ケラーなら知ってるでしょう?」と、(もちろんレーナ・マリアを知らなかった)スウェーデン人の夫に聞いてみたところ、「へれんけらー? 誰それ?」

ヘレン・ケラー―暗闇から光を投げかけた愛の天使 (小学館版 学習まんが人物館)ヘレン・ケラー―暗闇から光を投げかけた愛の天使 (小学館版 学習まんが人物館)
(1996/05)
高瀬 直子杉原 めぐみ

商品詳細を見る

ええっ、あんたヘレン・ケラーも知らないのぉ? とスウェーデン語でヘレン・ケラーを説明しているサイトを見せると、「ああ、Helen Keller か。 お前、へれんけらー、へれんけらーって言うけど、Helen Keller じゃん」と、発音の悪さを指摘された・・・

・・・それはいいとして、じゃあ Helen Keller は知っているんだね、と思ったら、「知らない」。 ええっ~、小さい頃、伝記読まなかった? 赤ちゃんのころ視力と聴力を失い、話すこともできなかったけど、サリバン先生と出会い、教育を受け、ミュージカルにもなったじゃん、と説明しても、「知らない」んだそう。

日本では、知らない人はいないのに・・・

ちなみに、ナイチンゲールは知っているそうです。

ナイチンゲール―愛に生きたクリミアの天使 (学習漫画 世界の伝記)ナイチンゲール―愛に生きたクリミアの天使 (学習漫画 世界の伝記)
(1990/06)
甲斐 汎よしかわ 進

商品詳細を見る
関連記事


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク


▽コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

世界は広い

マンガ版の偉人伝、昨今人気のよう♪
レーナ・マリアも既に描かれているとは、ふむふむ。。。
本国で知名度が低いというのも、意外な感じ。

ご主人のエピソードで、世界はやっぱり広いんだわぁ~と痛感しました^^
ヘレン・ケラーも日本を訪問しているし、やはり来国して頂かないことには、その国での知名度は上がらない訳で・・・笑

↓『キャンディ・キャンディ』とご主人の縁も、凄い興味が湧きました!
当時、確か「なかよし」で連載していて人気が出たんだったんじゃないかしら?
TV化したものを、妹と毎週逃さず観ていました。
その番組がご縁で、アンソニー役の声優さんと作者のいがらしゆみこさんがご結婚されたそう。

RENEさんへ

そうか、マンガ偉人伝は流行なんですね。
レーナ・マリアは、本国での知名度は0に近いです。
本人もアジアでの活動に力を入れ、スウェーデンでは活動していない模様。

ヘレン・ケラーは何度も来日し、日本との関わりが深かったんですね。 
やっぱりプロモーション活動は重要かぁ。

『キャンディ・キャンディ』は「なかよし」ですね。 連載中にアニメ化されていたと思います。 ヨーロッパでもアニメ『キャンディ・キャンディ』は人気だったよう。

でましたね♪ 芸能ゴシップねた。 でもアニメを通して声優と漫画家にロマンスが芽生えるなんて、ステキ。

しかし、いがらしゆみこは『キャンディ・キャンディ』をめぐり原作者と対立し、長い裁判沙汰になり、原作者の了解がおりず、今漫画『キャンディ・キャンディ』は再版ができないらしいです。 
「それで探しても見つからなかったんだぁ」と、夫がしょげています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://hokuoehon.blog59.fc2.com/tb.php/47-30a040f9

 | HOME | 

検索はこちらで


↓グーグルで検索↓
カスタム検索

↓ブログ内検索↓


スポンサーリンク



カテゴリー



プロフィール


Kanel

Author:Kanel
「Kanel」 とはスウェーデン語で、「シナモン」のこと。 写真はスウェーデン名物、Kanelsnäcka(シナモンロール)と、私の大好きなスウェーデンの絵本、Findusです。


メッセージ



タグ


タグのキーワードからも記事を検索できます。

リンドグレーン ムーミン スコーネ  ラーゲルレーヴ ブリクセン ニルス アラビア 切手 バック フィンランド ドイツ アルフォンス ワンダーブック Nordqvist ラーバン バウアー Bergman ベスコフ アンデルセン トムテ Findus デンマーク ピッピ リネン うんち ルイボス バーナビー警部 スウェーデン 刺繍 アルミニア レトロ クリスマス ロイヤルコペンハーゲン ジョン ホガナス サッシェ サシェ リッラン リンdグレーン パエトーン ミヤオ Tan Shaun マウス ぽこよ Bilibin ビリービン ホッツェンポロッツ 赤坂三好 えほん寄席 しばわんこ クリスマスシrール オペラ くるみ割り人形 リスベスツヴェルガー ヴァランダー リネア バムセ オースティン 復活祭 人形 古本屋 おがくず人形 Ottalia Adelborg ケイトグリーナウェイ 鉤針編み チロルテープ カフェマット クロス 


北欧絵本関連




RSSフィード



訪問してくださった方々