北欧絵本、子供と一緒に世界中の本を読もう

海外で読書を通じての日本語育児中。 また北欧の本を中心に、その他ジャンルや国を問わずお気に入りのことなどを個人的なエピソードと共にご紹介。
2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

おばけのラーバン by Inger & Lasse Sandberg

先日インターネットラジオで日本の番組を聴いていたら、夏恒例の怖い話が出てきました。 ゾゾゾ~。 私、怖いの苦手~! お化けとか幽霊とか、心霊がどーの霊感がどーのって、聞かなくてもいいです~。 スウェーデンの夏は涼しいので、これ以上涼しくならなくていいです~。

「スウェーデンでも、夏になると暑気を吹き飛ばすために、肝試ししたり、怖い話したり、する?」と聞いてみたら、やっぱりしないそうです。 日本だけでしょうかね、この風習?

スウェーデンにもオバケいますが、こんなかわいらしいオバケ君です。 Lilla spöket Laban (小さなおばけ ラーバン)。 そう、おばけのラーバン (世界のほんやくえほん (11)) / インゲル・サンドベルイ、ラッセ・サンドベルイ 他! ラーバンはパパとママと一緒に、古いお城に住んでいます。 彼の弱点は、オバケなのに暗闇が怖いこと!

ラーバンとラボリーナの「はぁい、いますぐ」 ラーバンとラボリーナの「はぁい、いますぐ」
インゲル サンドベリ、ラッセ サンドベリ 他 (2006/11)
ポプラ社
この商品の詳細を見る

作者の Inger & Lasse Sandberg 夫妻は、当時、暗闇やオバケを怖がっていた我が子のために、この愛らしいお話を思いついたそう。 初出版は1965年ですが、本屋に置いてないことはないくらいのベストセラー絵本。 2006年の冬には、新しいアニメーションも作られました。 ラーバンのシリーズは数多く出版され、ラボリーナはラーバンの妹です。 

ところで、ラーバンたちって「オバQ」と同じ形しているなぁ・・・ オバケの形は、東西共通なのでしょうか?

オバケのQ太郎―傑作選 (1) オバケのQ太郎―傑作選 (1)
藤子 不二雄 (1976/08)
小学館
この商品の詳細を見る

Inger & Lasse Sandberg 夫妻は、1950年に結婚して以来、夫の Lasse がイラスト担当、妻の Inger がお話担当で、数多くの本を作っています。 Lasse Sandberg は、それ以前にもグラッフィクやイラストの仕事をしていました。 ラーバン以外の絵本も人気があるし、キャラクターたちが、どれもユニークでかわいい! それゆえか、キャラクターグッズも豊富です。

Laban のウェブサイト
では、キャラクターグッズの紹介も。 ウェブショップだけでなく、スウェーデン、ノルウェー、および日本では、Inger & Lasse Sandberg 夫妻のキャラクターグッズや絵本を売るお店やコーナーがありますよ。
関連記事


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク


▽コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

RENEさんへ

夫婦で絵本を作っている作家&画家のカップルって、いがいといますよね。 
バーバパパも!
でも最近は、少ないかなぁ。 (夫婦でも個々に自立を求められる社会だからか・・・)

オバQにも個性豊かなオバケたちが沢山いましたね! ドロンパは気障で、体の模様(?)が星条旗なんですよね。 パー子は・・・ パーマンじゃなかったけ?

H.A.Reyご夫妻のよう

ご夫婦で合作というの素敵♪
アメリカのレイ夫妻も、沢山の本を出されていますよね。
私は、特にジョージ君のファン^^

『オバケのQ太郎』は、TVで再放送までよくみていたなぁ。
O二郎、P子(パー子だったかしら)、ドロンパ(アメリカ出身の)とか、懐かしい。
犬に弱いのが、たまに傷(笑)

mtcさんへ

ラボリーナって、名前もかわいいですよね!

サイトのご案内、ありがとうございます。
ラーバンのグッズは本当に充実していますね。
年代に関係なく、ファンが多いと思います。

ラーバンかわいいー

こんにちは!

『小さなおばけ ラーバン』ってかわいいですよね。
私の友人夫妻がこのキャラが大好きで、娘のミドルネームに「ラボリーナ」ってつけちゃったんですよ。スゴイ決断だ。

そうそう、こんなサイトもあるんですよ。
   ↓ ↓
http://www.labanlabolina.se/

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://hokuoehon.blog59.fc2.com/tb.php/44-fb99554f

 | HOME | 

検索はこちらで


↓グーグルで検索↓
カスタム検索

↓ブログ内検索↓


スポンサーリンク



カテゴリー



プロフィール


Kanel

Author:Kanel
「Kanel」 とはスウェーデン語で、「シナモン」のこと。 写真はスウェーデン名物、Kanelsnäcka(シナモンロール)と、私の大好きなスウェーデンの絵本、Findusです。


メッセージ



おすすめリンク



タグ


タグのキーワードからも記事を検索できます。

リンドグレーン ムーミン スコーネ  ラーゲルレーヴ アラビア 切手 ニルス ブリクセン フィンランド バウアー ドイツ Nordqvist ラーバン アルフォンス バムセ Bergman ベスコフ ピッピ バック アンデルセン トムテ Findus ワンダーブック デンマーク リネン バーナビー警部 ルイボス スウェーデン アルミニア 刺繍 うんち レトロ クリスマス ロイヤルコペンハーゲン サッシェ ジョン ホガナス サシェ 人形 リンdグレーン パエトーン ミヤオ Tan Shaun マウス ぽこよ Bilibin ビリービン ホッツェンポロッツ 赤坂三好 えほん寄席 しばわんこ クリスマスシrール オペラ くるみ割り人形 リスベスツヴェルガー ヴァランダー リネア オースティン レオナルド・ダ・ヴィンチ 復活祭 リッラン 古本屋 おがくず人形 Ottalia Adelborg ケイトグリーナウェイ 鉤針編み チロルテープ カフェマット クロス 


北欧絵本関連




RSSフィード



訪問してくださった方々