北欧絵本、子供と一緒に世界中の本を読もう

海外で読書を通じての日本語育児中。 また北欧の本を中心に、その他ジャンルや国を問わずお気に入りのことなどを個人的なエピソードと共にご紹介。
2017/09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

「やかまし村」はスウェーデンに現存!

「彼女が住んでいるところは、まさにやかまし村の子どもたち / リンドグレーン、大塚 勇三 他、そのままのなのよ!」

The Children of Noisy Village The Children of Noisy Village
Astrid Lindgren (1988/02)
Puffin
この商品の詳細を見る

そう私に目を輝かせ話してくれたのは私の友人。 「彼女」とは、友人の親しい知人であるスウェーデン人女性で、今年生誕100周年をむかえるアストリッド・リンドグレーンと同郷、スモーランド Småland に住んでいるBさん。

その友人が日本から遊びに来て、私は友人と一緒にBさんを訪れることになり、素晴らしい自然と共に、素晴らしいBさんの人柄にも触れることになりました。 (これは遠く離れた近所の風景ですが、Bさんのお家はもっとステキで、まさに表紙の絵そのもの。)

smaland.jpg

リンドグレーン作品集 やかまし村シリーズ 3冊セット / アストリッド リンドグレーンは、スモーランドの田舎に住む子供たちの何気ない日常を描いたもの。 しかしリンドグレーンの筆にかかると、そんな毎日がユーモアたっぷり、愛しいほど輝きます。

75歳になるBさんも、元気でユーモアがあり、滞在中はリンドグレーンの世界にいるような感じを覚えました。 友人はBさんに、『やかまし村の子供たち』のことを伝えたかったのですが、原題が分からず。 本屋に行って探したところ、スウェーデン語では "Alla vi barn i Bullerbbn" です。

追記
RENEさんのブログ『ハンドメイドなひととき』に、在日スウェーデン大使館でリンドグレーンの生誕100年を記念した「スウェーデン児童文学フェア」が行われたという記事があります。
関連記事


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク


▽コメント

あっ、リンドグレーンだ!

Kanelさん、今またニタニタしてしまいました…うふふ。
リンドグレーン関連の記事立てしたばかりだから~偶然ではなくて、必然?
今日、友人から大使館でリンドグレーンの生誕100周年記念行事がやってるらしい…という情報を得て、急ぎ調べたんです。
明後日までなんだけれど、大使館でしかもフリーでと中々魅力的。
今回は、ちょっと行かれそうにないから残念だけれど、一応記事に出来て良かったと思って~

さてさて、Bさん宅で例のオストカーカ召し上がったのですね?
絵本のままの風景をバックに、色々なお話を聞けたなんて素敵だわぁ☆~

RENEさんへ

私も、リンドグレーンに関するこの記事をアップしたあとに、RENEさんのブログを訪問し、ビックリ!
ちょうど同じような時間帯にアップしたようですね。
なんたる偶然・・・もはや必然とは・・・

本当に絵本の中に入ったようなステキなところでした。
オストカーカは、もう絶品!!
そのうちメインブログで記事にいたします♪

こんにちは、
近くの小学校で読み聞かせをさせてもらっています。色々な国の民話を読むのが好きです。かねてから、北欧も独特の文化圏だと思っていました。少しずつ読ませてください。

はじめまして

ジュリアと申します。RENEさんのところから飛んでまいりました。スウェーデン在住なんですね?いいなぁ。ジュリアは以前、どうしてもフィヨルドが見たくてロフォーテンに行き、絵葉書以上の絶景に感動したのを思い出しました。SAS利用だったのですが遅延ありの利用客への説明不足ありの~のんびりぶり(?)はお国柄かな、と思ってしまいました(^o^;ジュリアはスナフキンファンです☆

philjoyさんへ

私も色々な国の民話に興味があります。 北欧は、ヨーロッパ大陸とはちょっと離れていますし、独特の文化がありますね。 特に古い民話には、その特性が表れているかも。
小学校での読み聞かせ、羨ましいです。 あ、聞いている生徒さんが羨ましい。

ジュリアさんへ

はじめまして! お越しくださり、ありがとうございます。
スウェーデン在住ですが、フィヨルドを見に行ったことは、まだありません! そんな素晴らしい景色なのですね。 いつか私も・・・
ジュリアさんが利用したときも、SASはそんな調子だったのですか!
というか、いつもそうなんだ・・・ 私が利用したときも遅れました。

スナフキンは、心の恋人であり、ヒーローであり、憧れの人。
幼心にトキめいた、初恋の人でもあるかな。

いやはや

SASは確か機内のヘッドフォンが有料だったのに驚き、しかも10分でも遅延するとこちらとしては乗り継ぎに間に合うかどうか超焦る~といった具合でハラハラドキドキの旅だったのでジュリアにとっては印象的なエアラインです(^Q^)ポップグループのアバも好きでしたがNHKで放映されていた『ニルスの不思議な旅』が大好きで、冒険好きなジュリア家の小3の次女もニルスのお話が大好きなんです☆紙幣にニルスが載っていませんでしたっけ?白夜にオーロラ、豊かな自然に囲まれた木のお家、いいですねー♪ジュリアはアンカレッジ経由時代にアラスカ上空でオーロラを見ただけで北欧のオーロラは見た事がないんです(T_T)すると必然的にそちらには身近なオーロラを題材にした児童書がたくさんあるのでしょうか?これからも色々な図書を紹介してくださるのを楽しみにしています(^O^)

ジュリアさんへ

北欧へのエアラインというと、どうしてもSASですが、年々質が落ちている! 機内食のデザートに、いつもキットカットが付いてくるんですが、ジュリアさんのときも?
私もアニメの『ニルスな不思議な旅』が好きで見てましたよ♪ あまり内容覚えてないけど・・・ スウェーデンの20kr紙幣に、作者のラーゲルレーフの肖像と、ニルスが空を飛んでいる絵柄が載っています。 ニルスの出身地は、ここ私が住むスウェーデンの南端スコーネなんですよ。
でも、ここ南部では、オーロラを見ることができません。 白夜にもなりません。 北端の北極圏の方に行かないと・・・ なので、全てのスウェーデン人にとって、オーロラや白夜が身近ではないんです。 私も、オーロラ見たことありません・・・
オーロラを題材にした児童書というと、ラップランドを舞台にしたもので、あるかも。 今度探してみますね!

《SAS》を

サザンオールスターズと間違える人って結構いるかも??ヾ(^▽^)ノジュリアが利用した時はキットカットはどうだったかしらー?一時期、色々なエアラインを乗り比べた時があって次から次へと出される機内食はあまり覚えてないんだけど(いや、歳のせいだ!)チョコケーキはどこも定番だったような記憶が…ワインのミニボトルが付いてきたのがSASかFINのどちらかだったかしら?!オーロラ関連の図書は気長に待っていますので無理なさらないでくださいね(^O^)/

SASは他にも・・・

ジュリアさん、SASと言えば他にも、イギリス陸軍の特殊部隊「SAS(Special Air Service)」や、睡眠障害のひとつ「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」などが・・・
エアラインの乗り比べ! 楽しいですよね。 10年位前、SAS(スカンジナビア航空)は、某旅行雑誌のエアラインランキングNo1だったのに。 今はFINが良いみたいですね。 また、昔は評判悪かったKLMが、今はサービスも充実し利用しやすく、航空会社も変わるもんだな~と思います。

ご無沙汰しています

お元気でしょうか?こちらは寒暖の差が激しく体調管理に大変な毎日ですm(__)m天皇皇后陛下が訪欧され、最初にスウェーデンの地を踏まれましたがそちらでの報道はいかがでしょうか?絵本のエピソードもあったかしら?

KLM

あれほど鮮やかなブルーのFAの制服も珍しいですよね(^^)

トリプルコメになってしまいました~

要領が悪くスミマセンm(__)m次女はあれからエルマーの冒険を読破し、今は長くつ下のピッピを読んでるところです。ピッピも次女もかなり元気でしかも同じ9歳、というのが魅力のよう☆7月までミッドナイトサンの時期ですね。見たいなぁ。夏至祭はもう行われていますか?三代目加藤で食べたお寿司がまた食べたいです。でもザリガニ料理、トナカイのステーキはどうしても食べられませんでした~。雪の結晶柄のノルウェーセーターは暖かくて丈夫で今も重宝してます。宝物です♪

ジュリアさんへ トリプルコメントありがとう!

こちらも真夏のような暑い日が続いた後、ひんやり冷えた雨空が続いたりしています。

日本の天皇皇后陛下スウェーデン訪問の報道は、あまりされていませんでした。 スウェーデンのメディアは、王室に対して冷たく、興味がないようで、他国の王室に比べ報道が少ないんですよ。 デンマークと大違い!

「エルマーの冒険」は、私も大好き! いいですね~元気な9歳! 南スウェーデンは、ミッドナイトサンと言っても、今は夜10時で暗くなるかな。 朝は3時くらいに日が差してくるので、眩しくて起きてしまうことも。 夏至祭は今年は6月23日です♪ 

私もストックホルムに行ったとき、3代目加藤で食事しましたよ~。 でも、ザリガニも、トナカイも食べたことありません・・・ ノルウェーセーターも持っていませんよ! ジュリアさんの方が北欧を満喫しています。

まぁ!Kanelさんも三代目加藤へ?(^O^)

パンが苦手な私は外地では無性にお米を食べたくなってしまうのでした(^o^;ザリガニを目の前にして「これは海老!これは海老!」と暗示をかけましたが駄目でした。トナカイさんは可哀相で(T_T)魚の酢漬けを頻繁に食べていた思い出が…。私は、しがない旅人でまたいつ北欧を訪れる事が出来るかわからなかったのでついバタバタとセーターを購入してしまったのでした(;^_^A手編みだったためか、やや高価でしたがやっぱり本物はいいですねぇ☆お友達にはトナカイ柄のセーターをお土産にしました。日本人にはやや大きめの気がしますが冬はなかにシャツを着るので脱ぎ着しやすいしフワッとしているところがまた可愛い♪それにしても、その日没と日の出の時間だと寝不足になりませんか~?!そうそう、FIN AIRは心地よかったです(^O^)

ジュリアさんへ

やはり日本人はお米を食べないと元気がでませんよね。 あと醤油味や味噌汁を口にすると、和む~。 こっちの魚(ニシン)の酢漬けは、なんだか甘過ぎると感じるのですが、ジュリアさんは、そんなことありませんでしたか?

慣れてきたので、夏に寝不足になることは、なくなりました。 でも最初のうちは、辛かったです・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://hokuoehon.blog59.fc2.com/tb.php/35-8dd536b0

 | HOME | 

検索はこちらで


↓グーグルで検索↓
カスタム検索

↓ブログ内検索↓


スポンサーリンク



カテゴリー



プロフィール


Kanel

Author:Kanel
「Kanel」 とはスウェーデン語で、「シナモン」のこと。 写真はスウェーデン名物、Kanelsnäcka(シナモンロール)と、私の大好きなスウェーデンの絵本、Findusです。


メッセージ



タグ


タグのキーワードからも記事を検索できます。

リンドグレーン スコーネ ムーミン  アラビア ラーゲルレーヴ 切手 ブリクセン ニルス ベスコフ バック フィンランド ドイツ Bergman ワンダーブック アルフォンス Nordqvist ラーバン ピッピ バウアー トムテ アンデルセン Findus デンマーク リネン 刺繍 サッシェ クリスマス うんち アルミニア ルイボス サシェ ジョン スウェーデン ロイヤルコペンハーゲン レトロ バーナビー警部 ホガナス 人形 リンdグレーン パエトーン ミヤオ Tan Shaun マウス ぽこよ Bilibin ビリービン ホッツェンポロッツ 赤坂三好 えほん寄席 しばわんこ クリスマスシrール オペラ くるみ割り人形 リスベスツヴェルガー バムセ ヴァランダー リネア オースティン レオナルド・ダ・ヴィンチ 復活祭 リッラン 古本屋 おがくず人形 Ottalia Adelborg ケイトグリーナウェイ 鉤針編み チロルテープ カフェマット クロス 


北欧絵本関連




RSSフィード



訪問してくださった方々