北欧絵本、子供と一緒に世界中の本を読もう

海外で読書を通じての日本語育児中。 また北欧の本を中心に、その他ジャンルや国を問わずお気に入りのことなどを個人的なエピソードと共にご紹介。
2017/06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

沼の王の娘(アンデルセン童話集より)

昨年2005年は、アンデルセン生誕200周年で、デンマークのテレビでは、アンデルセンの人生をもとにしたドラマや、ドキュメンタリーなどが製作、放映されていました。 彼は相当な変人で、奔放で、でも神経質で、想像力に溢れた人だったよう。 そんなアンデルセン像を見ているうちに、「完訳」のアンデルセン童話が読みたくなり、妹に頼んで日本語版を購入し、持ってきてもらいました。

アンデルセン童話集 4 改版―完訳 (4) / ハンス・クリスチャン・アンデルセンに、「沼の王の娘」という、けっこう長めのお話があります。 エジプトの姫が病気の父親のため、秘薬の花を探しにデンマークに来たところ、沼に沈み、沼の中から赤ちゃんが現れる。 コウノトリがその赤ちゃんをヴァイキングの奥さんに与え、赤ん坊は美しい娘に成長するものの、夜は醜いヒキガエルの姿に。 しかし美しい娘でいる間は凶暴な性格で、醜いカエルのときは、やさしい心の持ち主。 彼女はエジプトの姫と沼の王の間に生まれた、それゆえ二面性を持つ、娘だったのです。 

いろいろなことが起こり、最後に、その娘はエジプトの姫である母親と再会し、魔法は解け、二人でエジプトの王のもとに戻ります。

それでメデタシ、終わりかなぁと思ったら、お話はまだ少し続き、娘の結婚式のシーンになり、これでハッピーエンドかなぁ、と思ったら・・・ 突然キリスト教の坊さんが天から現れ、娘は天国が見たいと、ほんのちょっとだけ天に上がります。

そして地上に戻った娘が見たものは・・・廃墟。 なんと娘が3分だけ天にいた間に、地上では百年の月日が経っていたのです。 娘の体は塵にかえり、魂は天に昇っていきました。

へっ!? 私は、この結末のために、この長い話を読んできたの? なんだか狐につままれたような、なんだか浦島太郎と人魚姫がくっついたようなお話に、絶句。 さすがアンデルセン、侮れない。

こちらは昨年、コペンハーゲンで購入したアンデルセンのカードです。 アンデルセンはきり絵が得意で、千点以上にものぼる作品が、現在も保管されているそう。 オリジナルを元に再現したモビールとのセット。

andersen1.jpg

しかし、この切り絵は、なんでしょう。 人間風車らしいのですが、右上の手に注目。 スカートをはいた人間が吊るされている!? だとしたら、ちょっと残酷、コワイよ~。

andersen2.jpg

関連記事


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク


▽コメント

ええっ??

『沼の王の娘』は読んだことがありませんが、確かに首を傾げたくなる話ですねー。

この切り絵、ぱっと見たときは右側だけちょっと違うなー、凝ってるなーと感心したのです。
でも――――よくよく見ると指摘どおり人が吊るされてる……。
微妙にユーモラスで素朴な手作り感のある切り絵だからこそ、怖いですっ!

なんで!?

アンデルセンの切り絵は、紙を半分に折って切るので、左右対称。 しかし、これは何ゆえ、右側だけに人らしき影をつけたのか。 そのとき彼の心に交差したものは、一体・・・ 

バレエダンサー?

はじめまして、RENEと申します。
シンメトリーでないこちらのきり絵、ちょっと不気味ですねぇ。
踊り子が吊り下げられているのかな?何故に片足…(汗)
昨年、日本でもアンデルセン生誕200年の記念行事やイベント、関連刊行物の発行など賑やかでした。
手持ちのアンデルセン童話(福音館の愛蔵版*創立40周年記念の)には、「沼の王の娘」は残念ながら編んでないようです。
岩波の完訳版、流石。
私も、アンデルセン侮れないと思います(笑)
ところで、チボリのジェットコースターって、健在でしたか?

片足の・・・

RENEさん、こんにちは! コメントありがとうございます。
私も、バレエダンサーが片足で吊るされているように見えて、仕方がありません・・・ うう~ん。
『沼の王の娘』は、私も知らないお話だったのですが、なかなか読み応えがあり、興味深く、それゆえ結末が・・・ 
チボリのジェトコースター健在です! 新しいアタラクションも増えましたが、古い物も変わらずそのままなのが、チボリですよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://hokuoehon.blog59.fc2.com/tb.php/3-d26a904b

 | HOME | 

検索はこちらで


↓グーグルで検索↓
カスタム検索

↓ブログ内検索↓


スポンサーリンク



カテゴリー



プロフィール


Kanel

Author:Kanel
「Kanel」 とはスウェーデン語で、「シナモン」のこと。 写真はスウェーデン名物、Kanelsnäcka(シナモンロール)と、私の大好きなスウェーデンの絵本、Findusです。


メッセージ



タグ


タグのキーワードからも記事を検索できます。

リンドグレーン ムーミン スコーネ  ラーゲルレーヴ ブリクセン ニルス アラビア 切手 バック フィンランド ドイツ アルフォンス ワンダーブック Nordqvist ラーバン バウアー Bergman ベスコフ アンデルセン トムテ Findus デンマーク ピッピ リネン うんち ルイボス バーナビー警部 スウェーデン 刺繍 アルミニア レトロ クリスマス ロイヤルコペンハーゲン ジョン ホガナス サッシェ サシェ リッラン リンdグレーン パエトーン ミヤオ Tan Shaun マウス ぽこよ Bilibin ビリービン ホッツェンポロッツ 赤坂三好 えほん寄席 しばわんこ クリスマスシrール オペラ くるみ割り人形 リスベスツヴェルガー ヴァランダー リネア バムセ オースティン 復活祭 人形 古本屋 おがくず人形 Ottalia Adelborg ケイトグリーナウェイ 鉤針編み チロルテープ カフェマット クロス 


北欧絵本関連




RSSフィード



訪問してくださった方々