FC2ブログ

北欧絵本、子供と一緒に世界中の本を読もう

海外で読書を通じての日本語育児中。 また北欧の本を中心に、その他ジャンルや国を問わずお気に入りのことなどを個人的なエピソードと共にご紹介。
2018/09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

ビッケはノルウェーで、ローニャは実在!?

大学入試センター試験にて、アニメ『ムーミン』と『小さなバイキング ビッケ』の舞台は北欧のどこの国かという問いが出題されたが、その答えが波紋を広げている・・・という日本のニュースを目にしました。

正解はムーミンがフィンランドで、ビッケがノルウェーだそうですが・・・

ビッケはノルウェー!?



『小さなバイキング ビッケ (Vicke Viking)』はスウェーデンの作家(Runer Jonsson)によるスウェーデン語の作品で、フィクションゆえに舞台は不明ですが・・・ (歴史的観点からだと、バイキングの時代、ノルウェーという国はなく、地理的には現在のデンマーク、ノルウェー、スウェーデン、アイスランドを拠点に航海していたと言えますが。)

スウェーデンの親族にビッケという名の人がいるので、ノルウェーにされちゃったのが、個人的に悲しいです。

しかし、スウェーデンで、この作品『小さなバイキング ビッケ (Vicke Viking)』は現在無名に近いのに、日本では大学入試センター試験で取り上げられるほど有名なんですね!? いや、間違って出題されているので、正確には知られていない!?

また『ムーミン』の作者トーベ・ヤンソンはスウェーデン系フィンランド人で、ムーミンはスウェーデン語で書かれており、一筋縄ではいかない事実も。 (フィンランドは歴史的にスウェーデンと繋がりが深く、公用語はフィンランド語とスウェーデン語。) 



そもそも、地理の問題でフィクションの物語の場所を出すことがおかしいと思うのですが・・・ 
実は、そういう私も人のこと言えません。

スウェーデンの作家アストリッド・リンドグレーンに(アニメ化されNHKで放映もされた)『山賊の娘ローニャ』という児童文学作品があります。 その物語を指し、



「昔スウェーデンの森にはこんな山賊が住んでいたんだ?いつの時代のこと?」と夫に聞き、「これはお話、フィクションだよ!」と言われました。(夫は目をむいていた・・・)

また、ヨーロッパの民話やアンデルセンには、お姫様が賢い答えをした平民の男と結婚する話がいくつかありますが、「昔、ヨーロッパでは一般的なことだったんですか?」と聞き、夫から「キミは御伽噺というものを知らないのかね」と言われたことも。

外国のことって、事実だか作り話だか、よく分からないものなんですよね。
(日本にニンジャがいると信じている外国人とか、いるしね。)
関連記事


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク


▽トラックバック

http://hokuoehon.blog59.fc2.com/tb.php/219-927e5798

 | HOME | 

検索はこちらで


↓グーグルで検索↓
カスタム検索

↓ブログ内検索↓


スポンサーリンク



カテゴリー



プロフィール


Kanel

Author:Kanel
「Kanel」 とはスウェーデン語で、「シナモン」のこと。 写真はスウェーデン名物、Kanelsnäcka(シナモンロール)と、私の大好きなスウェーデンの絵本、Findusです。


メッセージ



おすすめリンク



タグ


タグのキーワードからも記事を検索できます。

リンドグレーン ムーミン スコーネ  ラーゲルレーヴ アラビア 切手 ニルス ブリクセン フィンランド バウアー ドイツ Nordqvist ラーバン アルフォンス バムセ Bergman ベスコフ ピッピ バック アンデルセン トムテ Findus ワンダーブック デンマーク リネン バーナビー警部 ルイボス スウェーデン アルミニア 刺繍 うんち レトロ クリスマス ロイヤルコペンハーゲン サッシェ ジョン ホガナス サシェ 人形 リンdグレーン パエトーン ミヤオ Tan Shaun マウス ぽこよ Bilibin ビリービン ホッツェンポロッツ 赤坂三好 えほん寄席 しばわんこ クリスマスシrール オペラ くるみ割り人形 リスベスツヴェルガー ヴァランダー リネア オースティン レオナルド・ダ・ヴィンチ 復活祭 リッラン 古本屋 おがくず人形 Ottalia Adelborg ケイトグリーナウェイ 鉤針編み チロルテープ カフェマット クロス 


北欧絵本関連




RSSフィード



訪問してくださった方々