北欧絵本、子供と一緒に世界中の本を読もう

海外で読書を通じての日本語育児中。 また北欧の本を中心に、その他ジャンルや国を問わずお気に入りのことなどを個人的なエピソードと共にご紹介。
2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

『おしいれのぼうけん』古田足日

児童文学作家、古田足日さんの訃報を目にしました。

訃報の記事に、「おしいれのぼうけんは1974年に刊行され、12年に累計販売部数で200万部を超えた」とありましたが、そう、私が小学校低学年の時の話題の本! 図書室や学級文庫でも大人気で、みんな競って読んでいました。 

おしいれのぼうけん (絵本ぼくたちこどもだ 1)おしいれのぼうけん (絵本ぼくたちこどもだ 1)
(1974/11/01)
古田 足日

商品詳細を見る

今は「押し入れ」がある家が珍しいかもしれませんが、子供の頃「押し入れ」は、異次元や別世界につながるような、怖いような、でもとっても魅力的な存在でしたね。

古田足日さんは、こちらのベストセラーも執筆されていたと、今知りました。

大きい1年生と 小さな2年生 (創作どうわ傑作選( 1))大きい1年生と 小さな2年生 (創作どうわ傑作選( 1))
(1970/03/01)
古田 足日

商品詳細を見る

この本は、うちにありましたよ。 何度も読み返しました。 読書嫌いの妹も読んでいて、気に入っていたな。 挿絵が懐かしい。 私も「ホタルブクロ」に憧れて、取りに行きたいと思ったものでした。

子供の頃に読んだ本は、いつまでも心に残ります。 だからこそ、自分の子供にも良質な本を勧めていきたいです。 (しかし、親の感性と子供の感性が一致するかというと、そうでもありませんが、、、)

関連記事


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク


▽トラックバック

http://hokuoehon.blog59.fc2.com/tb.php/161-16b2eec5

 | HOME | 

検索はこちらで


↓グーグルで検索↓
カスタム検索

↓ブログ内検索↓


スポンサーリンク



カテゴリー



プロフィール


Kanel

Author:Kanel
「Kanel」 とはスウェーデン語で、「シナモン」のこと。 写真はスウェーデン名物、Kanelsnäcka(シナモンロール)と、私の大好きなスウェーデンの絵本、Findusです。


メッセージ



おすすめリンク



タグ


タグのキーワードからも記事を検索できます。

リンドグレーン ムーミン スコーネ  ラーゲルレーヴ アラビア 切手 ニルス ブリクセン フィンランド バウアー ドイツ Nordqvist ラーバン アルフォンス バムセ Bergman ベスコフ ピッピ バック アンデルセン トムテ Findus ワンダーブック デンマーク リネン バーナビー警部 ルイボス スウェーデン アルミニア 刺繍 うんち レトロ クリスマス ロイヤルコペンハーゲン サッシェ ジョン ホガナス サシェ 人形 リンdグレーン パエトーン ミヤオ Tan Shaun マウス ぽこよ Bilibin ビリービン ホッツェンポロッツ 赤坂三好 えほん寄席 しばわんこ クリスマスシrール オペラ くるみ割り人形 リスベスツヴェルガー ヴァランダー リネア オースティン レオナルド・ダ・ヴィンチ 復活祭 リッラン 古本屋 おがくず人形 Ottalia Adelborg ケイトグリーナウェイ 鉤針編み チロルテープ カフェマット クロス 


北欧絵本関連




RSSフィード



訪問してくださった方々