北欧絵本、子供と一緒に世界中の本を読もう

海外で読書を通じての日本語育児中。 また北欧の本を中心に、その他ジャンルや国を問わずお気に入りのことなどを個人的なエピソードと共にご紹介。
2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク


飛行機と宇宙船の図鑑的な絵本

近所の図書館に子供と本を借りに行きました。 4歳の男の子が選ぶのは、乗り物の本ばかりで、必然的に私もそういった本に目が行きます。 電車(写真の絵本)と、宇宙(リアルなイラスト)の本を自分で選んでいましたが、私が見つけたのは、この本。

avionsetfrusees1.jpg

スウェーデン語タイトルは「飛行機とロケットに好奇心」という意味ですが、原書はフランス語、AVIONS ET FUSEES (2011)、出版元は Editions Milan

4人のイラストレーター (Sylvie Bessard, Helene Convert, Christian Guibbaud, Cristian Turdera) による、可愛らしい細々したイラストが目を引きますが、4歳児には難しいかも。

でも、とても素晴らしい内容なのです。 とても細かく、至れり尽くせりに飛行機とロケットについて語られています。

avionsetfusees2.jpg

飛行機の内部のこと。 どうやって飛行機は造られるか。 飛行機と一緒に働く人たち。 

avionsetfusees3.jpg

空港。 セキュリティチェック。 荷物。 飛行機に乗るのに必要なもの。 機内での過ごし方。 

なぜ飛行機は発明されたか? いろいろな種類の飛行する乗り物。 そしてロケットについて。 100ページ近くの図鑑的な絵本です。

avionsetfusees4.jpg

ページの右側には、そのページの内容にあった「どうして?」的な質問と解説が書かれ、全ての称の終わりに「復習問題」が出されていたり、大きな子供達だったら、もっと楽しめること請け合い!

それに、近々子供と一緒に日本へ行くので、飛行機の構造だけでなく、空港や飛行中の過ごし方まで詳しく書いてあるのは、大助かり! 

一緒に読みながら、「もうすぐ飛行機に乗って、日本へ行くよ」「飛行機行くには、まず空港に行くの」「ここで荷物を預け、セキュリティチェックをするよ」「飛行機の中では、座席が決まっているの。 好きなとこには座れない」「食べるもの、もらえるよ」「時差があるから、スウェーデンは夜でも、日本はまだ昼なの」などと説明しています。


関連記事


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク


 | HOME | 

検索はこちらで


↓グーグルで検索↓
カスタム検索

↓ブログ内検索↓


スポンサーリンク



カテゴリー



プロフィール


Kanel

Author:Kanel
「Kanel」 とはスウェーデン語で、「シナモン」のこと。 写真はスウェーデン名物、Kanelsnäcka(シナモンロール)と、私の大好きなスウェーデンの絵本、Findusです。


メッセージ



タグ


タグのキーワードからも記事を検索できます。

リンドグレーン ムーミン スコーネ  ラーゲルレーヴ ブリクセン ニルス アラビア 切手 バック フィンランド ドイツ アルフォンス ワンダーブック Nordqvist ラーバン バウアー Bergman ベスコフ アンデルセン トムテ Findus デンマーク ピッピ リネン うんち ルイボス バーナビー警部 スウェーデン 刺繍 アルミニア レトロ クリスマス ロイヤルコペンハーゲン ジョン ホガナス サッシェ サシェ リッラン リンdグレーン パエトーン ミヤオ Tan Shaun マウス ぽこよ Bilibin ビリービン ホッツェンポロッツ 赤坂三好 えほん寄席 しばわんこ クリスマスシrール オペラ くるみ割り人形 リスベスツヴェルガー ヴァランダー リネア バムセ オースティン 復活祭 人形 古本屋 おがくず人形 Ottalia Adelborg ケイトグリーナウェイ 鉤針編み チロルテープ カフェマット クロス 


北欧絵本関連




RSSフィード



訪問してくださった方々



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。