北欧絵本、子供と一緒に世界中の本を読もう

海外で読書を通じての日本語育児中。 また北欧の本を中心に、その他ジャンルや国を問わずお気に入りのことなどを個人的なエピソードと共にご紹介。
2017/09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

バムセ 2世代で親しむスウェーデンの国民的漫画

昔(2007年)、このブログで「Bamse バムセ 世界で一番強い熊」という子供向け漫画のキャラクターをご紹介しました。

時は移り、、、今は、うちの子供が、このバムセに夢中! 夫が幼少の頃愛読し、次に私がスウェーデン語の勉強用にと読んだぼろぼろのコミック、今度は我が子が親しんでいます。

Youtube で、古いアニメを見ても楽しんでいます。



そして、ちょうどこの1月(2014年)に、初の 長編アニメ映画「Bamse och tjuvstaden」が公開されたのですが、その週のスウェーデン映画興行成績No.1でした。 子供達ももちろんですが、親の世代の方が大喜びで映画館に繰り出したようです。 自分たちも子供の頃から大好きだったバムセの映画ですものね。

映画関連のプレミアム漫画&グッズのセットが販売されていたので、子供の誕生日のプレゼントにと夫が見つけて購入。 (でも、映画用語や映画を見た感想を書く冊子など、うちの子には理解できないものも。 映画も、まだ長時間は疲れると思うので、連れて行きませんでした。)

bamseset.jpg

そして、祖父母から孫の誕生日には、Bamse の絵本。

私からは、誕生日のプレゼントというわけではないのですが、バムセの歯磨き粉を買ってあげました。 (歯ブラシは、その昔、私用に購入したものの結局使わないまま取っておいたもの。)

bamsetoothpaste.jpg

うちの子は、発明家の亀「スカールマン」がお気に入り。 なかなか渋いですね。 あと、ちょっとドジな悪役オオカミも。

ところで、Bamse の作者の Rune Andreasson は、生前バムセのフランチャイズを許可しなかったそう。 (またの機会に書きたいと思いますが、作者はかなりのコミュニストで作品にも政治的背景が読み取れます。 資本主義に批判的で、キャラクターグッズによる莫大な儲けなど興味がなかったとのこと。) 唯一、子供向け歯ブラシや歯磨き粉、ライフジャケットなど、子供の役に立つもののみ、キャラクターの使用を許可したそうです。

関連記事


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク


 | HOME | 

検索はこちらで


↓グーグルで検索↓
カスタム検索

↓ブログ内検索↓


スポンサーリンク



カテゴリー



プロフィール


Kanel

Author:Kanel
「Kanel」 とはスウェーデン語で、「シナモン」のこと。 写真はスウェーデン名物、Kanelsnäcka(シナモンロール)と、私の大好きなスウェーデンの絵本、Findusです。


メッセージ



タグ


タグのキーワードからも記事を検索できます。

リンドグレーン スコーネ ムーミン  アラビア ラーゲルレーヴ 切手 ブリクセン ニルス ベスコフ バック フィンランド ドイツ Bergman ワンダーブック アルフォンス Nordqvist ラーバン ピッピ バウアー トムテ アンデルセン Findus デンマーク リネン 刺繍 サッシェ クリスマス うんち アルミニア ルイボス サシェ ジョン スウェーデン ロイヤルコペンハーゲン レトロ バーナビー警部 ホガナス 人形 リンdグレーン パエトーン ミヤオ Tan Shaun マウス ぽこよ Bilibin ビリービン ホッツェンポロッツ 赤坂三好 えほん寄席 しばわんこ クリスマスシrール オペラ くるみ割り人形 リスベスツヴェルガー バムセ ヴァランダー リネア オースティン レオナルド・ダ・ヴィンチ 復活祭 リッラン 古本屋 おがくず人形 Ottalia Adelborg ケイトグリーナウェイ 鉤針編み チロルテープ カフェマット クロス 


北欧絵本関連




RSSフィード



訪問してくださった方々