北欧絵本、子供と一緒に世界中の本を読もう

海外で読書を通じての日本語育児中。 また北欧の本を中心に、その他ジャンルや国を問わずお気に入りのことなどを個人的なエピソードと共にご紹介。
2017/04 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

デトロイト・メタル・シティ by 若杉公徳

日本に帰国中、新聞に載っていた広告書評を読み、ぜひ読みたいと購入してしまった漫画。 おしゃれなスウェディシュポップバンドがやりたくて、東京に出てきたのに、派手なメイクとコスチュームに身を包み、インディーズの人気バンド「デトロイト・メタル・シティ」のギターヴォーカルとして、デスメタルの帝王の座に君臨する、クラウザー2世こと根岸少年の苦悩。

嫌々ながらデスメタルの歌詞を創作し、自分の好きなスウェディッシュポップで認められたいと願う、心優しき主人公が、ひとたびデスメタルのステージに上がると豹変。 そのギャップと、そこから起こる喜悲劇が、可笑しい~。 この漫画がウケている所以でしょう。

デトロイト・メタル・シティ 2 (2) デトロイト・メタル・シティ 2 (2)
若杉 公徳 (2006/10/27)
白泉社
この商品の詳細を見る

なぜ私が、この漫画に興味を持ったかと言いますと・・・ 実は、スウェディッシュポップではなく、デスメタルが好きなのです、私は。 スウェーデンは、おしゃれなポップバンドだけでなく、時代錯誤的なヘヴィメタルやデスメタルバンドの宝庫。 で、日本にいたとき、そのようなスウェーデンのバンドが好きだったのでした。

最近は、もう全然聴いていませんし、私も、その容姿や生活態度から、デスメタルとは程遠い人としか思われませんが。

でも、この漫画に、反応してしまいました。

実際読んでみますと、内容はまったくデスメタルのマニア向けではありません。 それより、この作者はデスメタルのことは、何も知らないんだろうなー。 だから一般受けし、真のメタルファンは、かえって怒っちゃうかも。

また、読んでびっくりしたのは、かなり過激で下品な描写と表現が多い。 いいのか、これ~!? この点、あまり一般向けではない・・・ しかし、そこが、素朴で真面目な主人公の言動と調和され、笑いを誘ったり、癒されたり、するのかな。

ああ、また北欧とも、絵本とも、関係ない本(しかも漫画)について、書いてしまったようですが・・・ でも、主人公が目指しているのは「スウェディッシュポップ」だし、デトロイト・メタル・シティが所属するレコード会社の女社長の、双子らしきメタル仲間(それっぽい格好をしている)の名前が、「グリとグラ」なんです。

ぐりとぐら ぐりとぐら
おおむら ゆりこ、なかがわ りえこ 他 (1967/01)
福音館書店
この商品の詳細を見る
関連記事


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク


▽コメント

小さな喜び♪

kanelさん、お久し振り~!
無事に戻られた様で、何よりです。
さてさて、この記事を見て、RENEは(正確には夫が)小さな喜びを覚えました。
何故って、それはね、夫がヘビメタ好きだから(笑)
実は、予てから一度kanelさんに、音楽の話題を振ってみて欲しいと言われていたの…でも、正直躊躇。。。
年齢と共に、プログレを好むようになった夫ですが、メロディック・デス(スピードメタル)も好きらしい…フラワー・キングスとかハンマーフォールとか。
米進出を果たしたインフレイムスやアーク・エネミーのアルバムは結構持っていると言ってます。
最近は、バックヤード・ベイビーズとかハードコア・スーパースターも好きなんですって(笑)
来日したアーティストのコンサートには、同年代も少なくなくて楽しめるらしく、この一年くらいで、ジューダス・プリースト、モトリー・クルー(何故かファンでもないのに、RENEはニッキー・シックスを見たことがある)、ホワイト・スネイク、アイアン・メイデンなんかにメタル友と詣でていた夫。
私はと言えば、古い記憶しかなくて、スウェーデン発はEUROPEの『The Final Countdown』ぐらいしか、そのジャンルではわからない。
でも気付けば、携帯の着メロ♪『Dancing Queen』だったりする(笑)アバは今でも好き☆...

そして、何よりも驚いたことは…夫の幼少期の心の友というかお気に入りの一冊が、この『ぐりとぐら』。
もう、何やら可笑しくなってしまいました。
なんでしょう、このシンクロニシティー振りは~
うわぁっ、長くなりましたね、ごめんなさい。

大きな喜び♪♪

このような漫画を紹介するのは躊躇しましたし、特に、RENEさんはこの記事を読んだら、もうこのブログに来てくれないかも~、という心配までしていました。

なので、当のRENEさんから、このようなコメントをいただき、朝からブッ飛び。 これは私にとって、小さいどころか、大きな喜びでございます。

私は、まったく、RENRさんの旦那様と、話が合います! 挙げていただいたバンドのほとんどは、私もライブに行ったし、アルバムも持っているし。 特にメロデスのインフレイムスは、よく聴いています。 バックヤード・ベイビーズ等も好きで、今年はスウェーデンでヘラコプターのライブに行きました。 もちろん歴代の大御所メタルバンドには、今でも心躍ります。 プログレも聴きます。

アーク・エネミーの2ndアルバムのジャケット(人の顔のようなの)は、私の夫が制作に携わっているんですよ。 当時、バンドのリーダーであるギタリストと、ちょっと親交があったそう。 Special Thanks に夫の名前が・・・

おまけに、漫画だけじゃなんだから、とコジツケた『ぐりとぐら』まで、旦那様にとって、意味深いものでしたとは! 

不思議ですねぇ、ブログがもたらす、人の縁とシンクロニシティー。 旦那様に、くれぐれもよろしくお伝えくださいませ!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

▽トラックバック

http://hokuoehon.blog59.fc2.com/tb.php/14-d9d0c9f1

 | HOME | 

検索はこちらで


↓グーグルで検索↓
カスタム検索

↓ブログ内検索↓


スポンサーリンク



カテゴリー



プロフィール


Kanel

Author:Kanel
「Kanel」 とはスウェーデン語で、「シナモン」のこと。 写真はスウェーデン名物、Kanelsnäcka(シナモンロール)と、私の大好きなスウェーデンの絵本、Findusです。


メッセージ



タグ


タグのキーワードからも記事を検索できます。

リンドグレーン ムーミン スコーネ  ラーゲルレーヴ ブリクセン ニルス アラビア 切手 バック フィンランド ドイツ アルフォンス ワンダーブック Nordqvist ラーバン バウアー Bergman ベスコフ アンデルセン トムテ Findus デンマーク ピッピ リネン うんち ルイボス バーナビー警部 スウェーデン 刺繍 アルミニア レトロ クリスマス ロイヤルコペンハーゲン ジョン ホガナス サッシェ サシェ リッラン リンdグレーン パエトーン ミヤオ Tan Shaun マウス ぽこよ Bilibin ビリービン ホッツェンポロッツ 赤坂三好 えほん寄席 しばわんこ クリスマスシrール オペラ くるみ割り人形 リスベスツヴェルガー ヴァランダー リネア バムセ オースティン 復活祭 人形 古本屋 おがくず人形 Ottalia Adelborg ケイトグリーナウェイ 鉤針編み チロルテープ カフェマット クロス 


北欧絵本関連




RSSフィード



訪問してくださった方々