北欧絵本、子供と一緒に世界中の本を読もう

海外で読書を通じての日本語育児中。 また北欧の本を中心に、その他ジャンルや国を問わずお気に入りのことなどを個人的なエピソードと共にご紹介。
2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

子供に環境問題を伝える展覧会

夏前にスウェーデンで行った展覧会。 1960,70年代生まれの親の世代から今日まで子供たちに親しまれているクマの漫画 Bamse(バムセ)を主役に、環境問題について考える企画展です。 "BAMSE och undermysteriet" はRegionmuseet Kristianstad (Kristianstad 市立博物館)で開催されていました。

bamsekm1.jpg

バムセは「地球上の水を救おう。 水の探偵になって水がどう使われているか調べよう」と訴えています。

bamsekm2.jpg

バムセの友人で発明家の亀のスカールマン、リサイクルについて「古いゴミを再利用する器械をつくった」と言っています。

bamsekm3.jpg

等身大のキャラクターと、漫画の世界に入り込んだかのような設定。

bamsekm4.jpg

船のボタンを押すと蒸気が出るので、夢中になって遊んでいるのですが、これは環境問題とは関係ないか。

bamsekm5.jpg

工場から廃棄物が流れ出ているようです。 下をのぞくと・・・

bamsekm6.jpg

海の中が見え、魚が泳いでいますが、ゴミも一緒に泳いでいますね。

bamsekm7.jpg

蝶々の谷。(撮影スポット?)

bamsekm8.jpg

リスのお家ですが、リスたちは怒っているようです。 工場が建てられ、問題となっているようですね。 中に入るとリスたちが何を怒っているのか話してくれます(音声が聞こえる)。

展示物の中に入って遊べ、視覚的にも楽しく、子供たちが親しみのあるキャラクターと一緒に環境問題について考えられる展覧会でした。 いろいろなゴミがどれくらい長い期間地球上に残るか・・・という表があったのですが、それによると、例えば果物などの食べ物は1週間ほどで土となりますが、プラスチックだと何百年も、メタルだと何千年も残ったままなのです。 その表を見て、ゾッとしたし考えさせられました。 原子力のゴミは、どれくらい地球上に残るんでしょうね・・・


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク

関連記事

 | HOME | 

検索はこちらで


↓グーグルで検索↓
カスタム検索

↓ブログ内検索↓


スポンサーリンク



カテゴリー



プロフィール


Kanel

Author:Kanel
「Kanel」 とはスウェーデン語で、「シナモン」のこと。 写真はスウェーデン名物、Kanelsnäcka(シナモンロール)と、私の大好きなスウェーデンの絵本、Findusです。


メッセージ



おすすめリンク



タグ


タグのキーワードからも記事を検索できます。

リンドグレーン ムーミン スコーネ  ラーゲルレーヴ アラビア 切手 ニルス ブリクセン フィンランド バウアー ドイツ Nordqvist ラーバン アルフォンス バムセ Bergman ベスコフ ピッピ バック アンデルセン トムテ Findus ワンダーブック デンマーク リネン バーナビー警部 ルイボス スウェーデン アルミニア 刺繍 うんち レトロ クリスマス ロイヤルコペンハーゲン サッシェ ジョン ホガナス サシェ 人形 リンdグレーン パエトーン ミヤオ Tan Shaun マウス ぽこよ Bilibin ビリービン ホッツェンポロッツ 赤坂三好 えほん寄席 しばわんこ クリスマスシrール オペラ くるみ割り人形 リスベスツヴェルガー ヴァランダー リネア オースティン レオナルド・ダ・ヴィンチ 復活祭 リッラン 古本屋 おがくず人形 Ottalia Adelborg ケイトグリーナウェイ 鉤針編み チロルテープ カフェマット クロス 


北欧絵本関連




RSSフィード



訪問してくださった方々