北欧絵本、子供と一緒に世界中の本を読もう

海外で読書を通じての日本語育児中。 また北欧の本を中心に、その他ジャンルや国を問わずお気に入りのことなどを個人的なエピソードと共にご紹介。
2017/04 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク


折々のうた

「大岡信」さん=「折々のうた」でした。

訃報を読むと、1079年に朝日新聞の1面で連載を開始したとか。 ちょうど私が新聞を(4コマ漫画以外の記事を)熱心に読み始めた頃でしょうか。 最終回は2007年だそうで、既に私はスウェーデンで暮らし始めていましたが。 だから、いつでも 「折々のうた」はそこにあった。 小さな欄で、毎日目を通していたわけでもないけど、存在感があった。 

自分が慣れ親しんだものがなくなっていくのは、なんとも寂しいですね。 本当に心にポカっと穴が空くような感じ。 でも、新しい素晴らしいものが、これからもどんどん生まれくる、はず。



にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク

関連記事
スポンサーサイト

Bjørn Wiinblad (デンマークのデザイナー)展

ビョルン・ヴィンブラッド展に行きました。 Regionmuseet Kristianstad (Kristianstad 市立博物館)で2016年9月から2017年3月半ばまで開催されていました。 Bjørn Wiinbladという名前にピンときませんでしたが、ローカル新聞に載っていたこの広告のイラストを見て、とても懐かしい感じがし、ぜひ見たいと思ったのです。

bwindbladk1.jpg 

こっちに引っ越してきて、Kristianstad 市立博物館は無料で子供が遊べる場所もあるので何回か行ったのですが、子連れだから展覧会などじっくり見れない~。 ようやく終了1週間前に一人で行くことができました。

Bjørn Wiinblad (1918~2006)は、コペンハーゲンで生まれ没したデンマークの芸術家ですが、彼の作品は世界中に知れ渡り、また彼が手掛けたアートの幅も広い。

  • bwindbladk2.jpg 

良く知られているのは、陶器。 そして、そのキャラクター。

bwindbladk3.jpg 

この陶器タイルのイラストは恋人たちの12か月を描いたもの。 (どこかレイモン・ペイネの濃い日人たちを彷彿とさせますね。)

bwindbladk4.jpg 

歌に合わせた挿絵?のオリジナル。 ビョルン・ヴィンブラッドは舞台芸術も手掛けていて、この展覧会会場は三つに仕切られ、写真を取らなかったけれど、ひとつは舞台芸術に関する作品を集めた部屋でした。

bwindbladk5.jpg

色指定をしたオリジナル。 以上は、一番最初の導入部分の部屋から。 次に一番大きな部屋に向かいます。

bwindbladk6.jpg

Bjørn Wiinbladのアトリエの写真を背景に、真ん中に人の顔の花瓶、右側には大きなタペストリー、そして陶器。

bwindbladk7.jpg

ビョルン・ヴィンブラッドの陶器作品は、ドイツのローゼンダールでも有名。 

bwindbladk8.jpg

またポスターなどのグラフィックデザインも多く手掛けています。 (コペンハーゲンのチボリ公園のポスターや、日本では高島屋の包装紙デなど。)

こちらは、LUというフランスの有名菓子メーカーのポスターなのですが、

bwindbladk9.jpg

商品の包装紙がコラージュされています。

Bjørn Wiinbladのアートって、純粋で、楽しく、どこかもの悲し気で、時間の枠がなく、限界をしらない・・・子供そのもの。

ファンやコレクターも多く、俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーもその一人だそう。

bwindbladk10.jpg

こちらは博物館の1階部分を2階から撮影したところ。 Kristianstad 市立博物館は3階建てで、Bjørn Wiinblad展は3階で開催されていました。 1階にはミュージアムショップとカフェがあります。 小さめだけど、2階で常備展、3階では常に二つの企画展が開催されています。

この日見た、もうひとつの企画展が、Bjørn Wiinbladとはまったく趣向は違いますが、興味深かったので、またそのことについても書きたいと思います。




にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク

関連記事

 | HOME | 

検索はこちらで


↓グーグルで検索↓
カスタム検索

↓ブログ内検索↓


スポンサーリンク



カテゴリー



プロフィール


Kanel

Author:Kanel
「Kanel」 とはスウェーデン語で、「シナモン」のこと。 写真はスウェーデン名物、Kanelsnäcka(シナモンロール)と、私の大好きなスウェーデンの絵本、Findusです。


メッセージ



タグ


タグのキーワードからも記事を検索できます。

リンドグレーン ムーミン スコーネ  ラーゲルレーヴ ブリクセン ニルス アラビア 切手 バック フィンランド ドイツ アルフォンス ワンダーブック Nordqvist ラーバン バウアー Bergman ベスコフ アンデルセン トムテ Findus デンマーク ピッピ リネン うんち ルイボス バーナビー警部 スウェーデン 刺繍 アルミニア レトロ クリスマス ロイヤルコペンハーゲン ジョン ホガナス サッシェ サシェ リッラン リンdグレーン パエトーン ミヤオ Tan Shaun マウス ぽこよ Bilibin ビリービン ホッツェンポロッツ 赤坂三好 えほん寄席 しばわんこ クリスマスシrール オペラ くるみ割り人形 リスベスツヴェルガー ヴァランダー リネア バムセ オースティン 復活祭 人形 古本屋 おがくず人形 Ottalia Adelborg ケイトグリーナウェイ 鉤針編み チロルテープ カフェマット クロス 


北欧絵本関連




RSSフィード



訪問してくださった方々



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。