北欧絵本、子供と一緒に世界中の本を読もう

海外で読書を通じての日本語育児中。 また北欧の本を中心に、その他ジャンルや国を問わずお気に入りのことなどを個人的なエピソードと共にご紹介。
2016/11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

スクービー・ドゥーに会いました

それは1年ほど前のこと、息子に YouTube で何か見たいのある?と聞いたら(うちはテレビがないので、YouTube で番組を探して見せていた)、「すくみどぅ」と答えた。

スクミドゥ???

全くなんだか分からない。 私は聞いたこともないし、見当もつかない。 しかも4歳児が説明すること、意味不明。 どうも保育園で見ているらしいのですが。  四苦八苦して Youtube で探そうとするが出てこず、息子は泣き叫ぶし、私はイライラして起こるし。 でも、そうやく探し当てたんですよ。



スクミではあなく、スクビィ Scooby-Doo じゃないですか! 発音が難しい。 キミの発音から Scooby-Doo にたどり着くのは、相当の苦労でした。 しかし、そう思う言語が他にあるようで、他の国の言語(ポーランド語らしい)で Sukubi du と表記されている動画があり、それで本家本元(アメリカ)を見つけることができたのです。



夫も子供の頃から知っている、世界的に有名なアメリカの犬のアニメらしいです。 スウェーデンでは誰もが、つまり親の世代から知っている、キャラクター。
日本でも日本語版が放映されていたようですが、幼少の頃見ていたアメリカの犬のアニメというと、私は「ケンケン」(チキチキマシン猛レース)しか知りません。

先日、ショッピングモールでハロウィーン祭りみたいなことがあり、そこにスクービー・ドゥーが来るというので、行ってきました。

scoobydoo1.jpg

ハグもしてもらいました。

scoobydoo2.jpg

小さい子供の手を引いたお母さんが、「Scooby-Dooがいるわよ!」と黄色い声をあげていたので、やっぱりスウェーデンでは、親の世代からの人気キャラクターなんだなぁと実感した次第です。
(こういう時、国が違うと、世代間で共有できないことが出てくるんですよね。)



にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク

関連記事

 | HOME | 

検索はこちらで


↓グーグルで検索↓
カスタム検索

↓ブログ内検索↓


スポンサーリンク



カテゴリー



プロフィール


Kanel

Author:Kanel
「Kanel」 とはスウェーデン語で、「シナモン」のこと。 写真はスウェーデン名物、Kanelsnäcka(シナモンロール)と、私の大好きなスウェーデンの絵本、Findusです。


メッセージ



タグ


タグのキーワードからも記事を検索できます。

リンドグレーン ムーミン スコーネ  ラーゲルレーヴ ブリクセン ニルス アラビア 切手 バック フィンランド ドイツ アルフォンス ワンダーブック Nordqvist ラーバン バウアー Bergman ベスコフ アンデルセン トムテ Findus デンマーク ピッピ リネン うんち ルイボス バーナビー警部 スウェーデン 刺繍 アルミニア レトロ クリスマス ロイヤルコペンハーゲン ジョン ホガナス サッシェ サシェ リッラン リンdグレーン パエトーン ミヤオ Tan Shaun マウス ぽこよ Bilibin ビリービン ホッツェンポロッツ 赤坂三好 えほん寄席 しばわんこ クリスマスシrール オペラ くるみ割り人形 リスベスツヴェルガー ヴァランダー リネア バムセ オースティン 復活祭 人形 古本屋 おがくず人形 Ottalia Adelborg ケイトグリーナウェイ 鉤針編み チロルテープ カフェマット クロス 


北欧絵本関連




RSSフィード



訪問してくださった方々