北欧絵本、子供と一緒に世界中の本を読もう

海外で読書を通じての日本語育児中。 また北欧の本を中心に、その他ジャンルや国を問わずお気に入りのことなどを個人的なエピソードと共にご紹介。
2014/11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

スウェーデンのABC

アルファベットには興味を持ち出しているので、アルファベットを学ぶボードゲームを、フリマで購入。

femmyror.jpg

この「Fem myror är fler än fyra elefanter(5匹のありは4匹のぞうより多い)」は、1973年から1974年にかけてスウェーデンの子供番組として放映されていたもので、子供がアルファベットや数字を習うためのバイブル的存在のよう。

今でもこうして、ゲームや絵本などが制作されています。

スウェーデンには Julkalender (クリスマスカレンダ)といって、毎年12月1日から24日まで、シリーズもの(続きもの)になっているひとつの子供向け番組を毎日放映しています。 1977年にこの Fem myror är fler än fyra elefanter は、毎日ひとつずつアルファベットを紹介するという仕組みで、クリスマスカレンダーとして放映され、夫もこの番組でアルファベットを学んだとか。

日本語だと、幼児がひらがなやカタカナを学ぶ市販の教材がたくさん存在するけれど、スウェーデンでアルファベットを学ぶ幼児向けの教材って、ないんですよね。 (そんな小さいうちから文字を習わせる習慣がないからかも。 一般的に小学校に入ってからで充分という考えみたい。) 

アルファベットの本も、日本にはたくさんあるので、それらを使う手もあるのですが、スウェーデン語は英語のアルファベトより3文字多い (ÅÄÖ)ので、使えないのが難点です。






にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク

関連記事

 | HOME | 

検索はこちらで


↓グーグルで検索↓
カスタム検索

↓ブログ内検索↓


スポンサーリンク



カテゴリー



プロフィール


Kanel

Author:Kanel
「Kanel」 とはスウェーデン語で、「シナモン」のこと。 写真はスウェーデン名物、Kanelsnäcka(シナモンロール)と、私の大好きなスウェーデンの絵本、Findusです。


メッセージ



おすすめリンク



タグ


タグのキーワードからも記事を検索できます。

リンドグレーン ムーミン スコーネ  ラーゲルレーヴ アラビア 切手 ニルス ブリクセン フィンランド バウアー ドイツ Nordqvist ラーバン アルフォンス バムセ Bergman ベスコフ ピッピ バック アンデルセン トムテ Findus ワンダーブック デンマーク リネン バーナビー警部 ルイボス スウェーデン アルミニア 刺繍 うんち レトロ クリスマス ロイヤルコペンハーゲン サッシェ ジョン ホガナス サシェ 人形 リンdグレーン パエトーン ミヤオ Tan Shaun マウス ぽこよ Bilibin ビリービン ホッツェンポロッツ 赤坂三好 えほん寄席 しばわんこ クリスマスシrール オペラ くるみ割り人形 リスベスツヴェルガー ヴァランダー リネア オースティン レオナルド・ダ・ヴィンチ 復活祭 リッラン 古本屋 おがくず人形 Ottalia Adelborg ケイトグリーナウェイ 鉤針編み チロルテープ カフェマット クロス 


北欧絵本関連




RSSフィード



訪問してくださった方々