北欧絵本、子供と一緒に世界中の本を読もう

海外で読書を通じての日本語育児中。 また北欧の本を中心に、その他ジャンルや国を問わずお気に入りのことなどを個人的なエピソードと共にご紹介。
2008/05 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

古いテーブルクロス

春のマーケットに出掛けたものの、特に買いたいものは見つからず、ふと沿道にあるレッドクロス (Red Cross 赤十字)のお店(寄付された不用品などを売り、収益金は慈善事業資金になります)に入りました。 

スウェーデンには、アンティークショップも多いですが、慈善事業で中古の不用品を売るお店もたくさんあります。 (←こっちの方が値段も安く、思いがけない掘り出し物が見つかることも。)

そこで見つけたのは、60~70年代風デザインの布製テーブルクロス。 この色合いやパターンに惹かれます。 うちの台所のテーブルに、大きさも合いました。

stech3.jpg

そして一緒に置いてあった、麻に手縫いの細かい刺繍がしてあるクロスも。 私も自分の花嫁衣裳(スウェーデンの民族衣装を縫ったときに、ちょっと学びましたが、麻の織り目を数えてすくいステッチする方法です。 長方形に薄緑の刺繍糸のステッチは、シンプルで色合いもステキ。 正方形にグレーの刺繍糸は、複雑なステッチに心動かされ。

緑のクロスは、廊下に置いてある、家具職人であった morfar (母方の祖父)が造った飾り台の上に敷いてみました。

stech1.jpg

グレーの方は、用途に困るなぁと思ったのですが、小さなランプ(これも夫の祖父母が使っていた品)の下に敷いたら、なんとピッタリ。 (ピンクの靴は、ハンドメイドの人形用の靴。)

stech2.jpg

この品々、値段がついてなかったので店員さんに聞いたら、「テーブルクロスは15kr。 小さなクロスはひとつ5kr だけど、3点まとめて買うなら20krでいいわ」というお値段でした。 お店の中は整頓され、商品の質も良く、また店員さんが良心的。 義母も、自分の服を作る布地を20krで購入、大満足。 「いつも不用品は教会のお店に持って行ってたけれど、今度からレッドクロスの方に寄付しよう」なんて言っていました。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク

関連記事

BLAME! by 二瓶勉

BLAME!(ブラム!)』は、1997年1月号から2003年9月号まで、月間アフタヌーンに連載されていた漫画です。 私がこの漫画を最初に読んだのは、スウェーデンで・・・ 夫が日本から1,2巻を取り寄せて持っていたのね。 画風やSF設定のストーリーも私好み。 しかし、極端に台詞が少ないサイバーパンクな内容が、いまいち理解できない。 夫は絵を見て全てを理解し、あとは想像力を働かせるようですが・・・(それは、BLAME!の読み方として、大変正しい。) それでも、この独特な画風と世界観に惹かれました。

BLAME 1 (1) (アフタヌーンKC)BLAME 1 (1) (アフタヌーンKC)
(1998/06)
弐瓶 勉

商品詳細を見る

次に日本に行ったとき、ある本屋さんの漫画コーナーで、BLAME!が平積みになっていました。 喜び勇んで、そこにあった3~8巻まで、まとめ買いですよ、夫は。 どうやってスウェーデンに持って帰るの、これ・・・

BLAME 4 (4) (アフタヌーンKC)BLAME 4 (4) (アフタヌーンKC)
(2000/03)
弐瓶 勉

商品詳細を見る

その後、日本に帰省する度、私が古書店チェーンで探していたのですが、なかなか見つからなかった最終巻である10巻。 この度ついに手に入れ、船便で送ったものが、ようやくスウェーデンに到着。 10巻だけ読んでも意味分からない(忘れちゃった)ので、遡って読むうち・・・ また、どんどんBLAME!の世界にハマってしまいました。

BLAME 10 (10) (アフタヌーンKC)BLAME 10 (10) (アフタヌーンKC)
(2003/09/22)
弐瓶 勉

商品詳細を見る

「基底現実」「ネットスフィア」「統治局」「セーフガード」「珪素生物」といった用語や種族(?)が出てきて、どう敵対関係にあるのか、自分で図解しながら読まないと、相変わらず理解できませんが。 でも読めば読むほど、好きなんだなぁ、この作品。 

キャラクターが格好いいんだなぁ、また。 「キャラクターたちが、なんていうか、たぶん私にとってセクシーで魅力的なんだよね」と夫に言うと、「腕がぶっ飛び、足がもげ、体がどろどろに解けて、別の形に再生するのがセクシーなんだ、君にとっては」。

うう・・・ サイバーパンクなので、体はサイボークで、意思が機械にアクセスするんだけど、アクションものでもあるので、戦闘シーンが多いのよね。

BLAME!(ブラム!)』は、海外での評価が高い作品でもあります。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク

関連記事

 | HOME |  »

検索はこちらで


↓グーグルで検索↓
カスタム検索

↓ブログ内検索↓


スポンサーリンク



カテゴリー



プロフィール


Kanel

Author:Kanel
「Kanel」 とはスウェーデン語で、「シナモン」のこと。 写真はスウェーデン名物、Kanelsnäcka(シナモンロール)と、私の大好きなスウェーデンの絵本、Findusです。


メッセージ



タグ


タグのキーワードからも記事を検索できます。

リンドグレーン ムーミン スコーネ  ラーゲルレーヴ ブリクセン ニルス アラビア 切手 バック フィンランド ドイツ アルフォンス ワンダーブック Nordqvist ラーバン バウアー Bergman ベスコフ アンデルセン トムテ Findus デンマーク ピッピ リネン うんち ルイボス バーナビー警部 スウェーデン 刺繍 アルミニア レトロ クリスマス ロイヤルコペンハーゲン ジョン ホガナス サッシェ サシェ リッラン リンdグレーン パエトーン ミヤオ Tan Shaun マウス ぽこよ Bilibin ビリービン ホッツェンポロッツ 赤坂三好 えほん寄席 しばわんこ クリスマスシrール オペラ くるみ割り人形 リスベスツヴェルガー ヴァランダー リネア バムセ オースティン 復活祭 人形 古本屋 おがくず人形 Ottalia Adelborg ケイトグリーナウェイ 鉤針編み チロルテープ カフェマット クロス 


北欧絵本関連




RSSフィード



訪問してくださった方々