北欧絵本、子供と一緒に世界中の本を読もう

海外で読書を通じての日本語育児中。 また北欧の本を中心に、その他ジャンルや国を問わずお気に入りのことなどを個人的なエピソードと共にご紹介。
2006/07 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

Ture Sventon, Privatdetektiv by Åke Holmberg

作者の Åke Holmberg (1907 – 1991) はスウェーデン人。 スウェーデンでは、児童文学作家として知られています。 もっとも有名なのは、この ”Ture Sventon” シリーズで、計9冊の本を書き、いくつかの文学賞も受賞しています。 ”Ture Sventon” は、本の他にも、挿絵を手がけた Sven Hemmel との漫画が出版され、映画やTVドラマにもなりました。 原作を読んだことはなくても、映像で親しんだ世代も。

Ture Sventon

『Ture Sventon, Privatdetektiv (トゥーレ・スベントン 私立探偵)』は、シリーズ第1作。 Ture Sventon は、我らが主人公、私立探偵の名前です。 本当は、Sture Svensson だったのですが、 s の発音ができないので、こう改名したとか。

ある日、ストックホルムの Sventon の事務所に、謎めいたオリエンタル人が絨毯を売りに来ます。 なんとこの絨毯、空飛ぶ魔法の絨毯! スウェーデン南部の大きな家に住む、平和に暮らす二人の老婦人のもとに、脅迫状が届きます。 そこで老婦人は、Sventon に助けを求め、Sventon は空飛ぶ絨毯で、悪党を捕まえようと・・・

あらすじだけ書くと他愛ないのですが、このお話が楽しいのは、ユーモラスな登場人物、ちょっとした小道具、夏の日の風景など、細部が光っているところ。 思わずクスクス笑みがこぼれます。 特に、この本が書かれた1940年代の終わり、のんびりした日常や善良な人々の、スウェーデンの描写が、たまらなく魅力的。

Sven Hemmel の挿絵も、味があって、このお話にピッタリ。 でも漫画の方は、いまいちなんだな~。

スウェーデン語クラスの読書感想として、私はこの本をスウェーデン語の原書で読みました。 短いし、子供向けの本なので、読みやすいだろうと。 一昔風の言い回しやスラングなどありますが、分かりやすいスウェーデン語です。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク

関連記事

Pettsons och Findus kokbok by Sven Nordqvist

スウェーデンに来て、大好きになった絵本、それは ”Pettson och Findus” のシリーズです。 独り者の Pettson おじさんと、猫の Findus が繰り広げる愉快な日常。 なんと言っても、猫のFindusが、たまらなく、かわいい~。 一目見たときから、あまりのかわいさに、ノックダウン。 Findusを、じっ~と見ていると、胸がキューンとして、ぎゅうぎゅうに抱きしめたい~。

お話と絵は、スウェーデン人 Sven Nordqvist。 お話と絵も、ナンセンスでユニーク。 彼の絵には、スウェーデンの田舎の情景が、事細かに描かれ、ついでに、得体の知れない生き物とか、よく分からない小道具とかも、あっちこっちに潜んでいて、絵のすみっこからすみっこまで、見れば見るほど、ヘン!

日本語訳も出版されていたらしいのですが、私は日本でこのシリーズを見たことがありませんでした。 あまり話題にならなかったのか? 日本では受けなかったのか? 私が知らなかっただけ?

Pettson och Findus” シリーズの人気が高いのは、原作が出版されているスウェーデンに次いで、またはそれ以上の勢いで、ドイツ。 アマゾンで日本語版を探してみたのですが、在庫はなく、洋書で探してみたら、出てきたのは全て、ドイツ語版でした。 アニメやグッズなども、ほとんどがドイツ製。

Kochen mit Pettersson und Findus Kochen mit Pettersson und Findus
Sven Nordqvist (2004/03)
Oetinger Friedrich GmbH
この商品の詳細を見る

今回取り上げたいのは「Pettsons och Findus kokbok (ペットソンとフィンドゥスの料理本)」。 四季ごとに、今までのFindus絵本の中からの1ページと共に、スウェーデンの伝統料理レシピが紹介されています。 去年の夏、この本を買って貰ったとき、早速その中のPannkakstårta(パンケーキのケーキ)を作ったのでした。 でも、このレシピの材料、量が多過ぎた! 夫と二人で作って、でも食べきれなくって困った思い出のレシピ。

findus2.jpg

後に、Findusの絵葉書と共に、そのレシピのページが載った大きめなカードが売られているのを見つけ、額に入れて台所に飾ってあります。

ところで、オリジナル言語のスウェーデン語では Pettson という名前が、ドイツ語では Pettersson となっています。 日本語では「ペテルソン」、Findus は「フィンダス」と表記されていたようです。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク

関連記事

 | HOME |  »

検索はこちらで


↓グーグルで検索↓
カスタム検索

↓ブログ内検索↓


スポンサーリンク



カテゴリー



プロフィール


Kanel

Author:Kanel
「Kanel」 とはスウェーデン語で、「シナモン」のこと。 写真はスウェーデン名物、Kanelsnäcka(シナモンロール)と、私の大好きなスウェーデンの絵本、Findusです。


メッセージ



タグ


タグのキーワードからも記事を検索できます。

リンドグレーン ムーミン スコーネ  ラーゲルレーヴ ブリクセン ニルス アラビア 切手 バック フィンランド ドイツ アルフォンス ワンダーブック Nordqvist ラーバン バウアー Bergman ベスコフ アンデルセン トムテ Findus デンマーク ピッピ リネン うんち ルイボス バーナビー警部 スウェーデン 刺繍 アルミニア レトロ クリスマス ロイヤルコペンハーゲン ジョン ホガナス サッシェ サシェ リッラン リンdグレーン パエトーン ミヤオ Tan Shaun マウス ぽこよ Bilibin ビリービン ホッツェンポロッツ 赤坂三好 えほん寄席 しばわんこ クリスマスシrール オペラ くるみ割り人形 リスベスツヴェルガー ヴァランダー リネア バムセ オースティン 復活祭 人形 古本屋 おがくず人形 Ottalia Adelborg ケイトグリーナウェイ 鉤針編み チロルテープ カフェマット クロス 


北欧絵本関連




RSSフィード



訪問してくださった方々