北欧絵本、子供と一緒に世界中の本を読もう

海外で読書を通じての日本語育児中。 また北欧の本を中心に、その他ジャンルや国を問わずお気に入りのことなどを個人的なエピソードと共にご紹介。
2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク


爆殺魔(ザ・ボンバー) by リサ・マークルンド

ただいま日本に一時帰国中です。 早速、図書館に行ってきました。 借りた本は・・・ スウェーデン人女流作家による推理小説。

今まで、スウェーデン小説の日本語訳は、ほとんど見たことがなかったので、珍しく思い、また、この作家と作品は、私の知っているものだったので。 でも、日本語訳の文庫本で、約620ページあるものを、スウェーデン語で読めと言ったら、何年かかるか。 それが日本語だと、あっという間。

爆殺魔(ザ・ボンバー) 爆殺魔(ザ・ボンバー)
リサ マークルンド (2002/07)
講談社
この商品の詳細を見る

原作は、Sprangaren by Liza Marklund。 スウェーデン推理作家協会ポロニ賞受賞作品。 だから私が知っていたかというと、そうではなく、スウェーデン語の教科書に、一部抜粋が載っていたのです。 読解問題に、「女性が家事と仕事を両立することは大変なことでしょうか」「彼女の夫は、妻に協力的ですか」「彼女の男性の同僚は、彼女に理解がありますか」なんてあり、そのときは、移民向けのスウェーデン語の教科書に載っているくらいだから、偽善的な小説かと、眉唾に思ったのですが・・・

読み始めたら、止まらなく、一気読み。 

主人公の女性は、夕刊紙の記者。 昇進し、報道部デスクになったが、それがおもしろくない同僚や部下からの嫌がらせで、ストレスも溜まる一方。 国家公務員である夫も、仕事は忙しいが、幼い二人の子供たちの面倒は、夫婦二人で協力しながら見ている。 ストックホルムで行われるオリンピックの競技場で、爆発殺人事件が発生。 事件を調べるうち、彼女は、意外な背景を知り、自らも巻き込まれていく。

スウェーデンというと、色々な面で「クリーン」という印象があるかと思います。 また、先進的で、男女平等。 しかし、この小説の中にあるのは、どろどろした病的な現実。 根強い男尊女卑。 仕事と育児の間で、すれ違う夫婦。 野望のために子供を捨てる親。 でも、そんな現実の中で、模索しながら自分の人生を生きようとする、彼らは普通の人々。

児童書だけでは分からない、スウェーデンの現実社会を、この小説で知ることができるかと思います。

しかし、舞台がストックホルムのため、私には具体的なイメージが湧かない面も多く、「自分は重要人物」といった態度で、忙しく働きまわる登場人物たちは、南部で嫌われている、ストックホルム人の典型的な姿かな、と苦笑してしまいました。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク

スポンサーサイト

クルト・ヴァランダー警部シリーズ by Henning Mankell

スウェーデン南端、スコーネの南東に位置する町、Ystad (イースタ)は中世の街並みが残る小さな港町。 観光客で賑わう町でもありますが、Ystad をもっとも有名にしているのは、この人、イースタ警察の警部ヴァランダー。

と言っても、実際の人物ではなく、小説の中の主人公。 スウェーデンはもとより、世界各国でベストセラーの推理小説、ヘニング・マンケル (Henning Mankell) による、クルト・ヴァランダー (Kurt Wallander) 警部シリーズは、日本語訳も何冊も刊行されています。

殺人者の顔 (創元推理文庫)殺人者の顔 (創元推理文庫)
(2001/01)
ヘニング マンケル

商品詳細を見る


ヴァランダーは中年の中堅警部。 オペラ愛好家。 私生活ではだらしない面もありますが、仕事に向ける情熱は深く、昔気質のスウェーデン人。 でも最近、こんな片田舎で起こる凶悪事件に戸惑いも隠せません。

リガの犬たち (創元推理文庫)リガの犬たち (創元推理文庫)
(2003/04)
ヘニング マンケル

商品詳細を見る


実際、これほどドラマチックではなくても、スウェーデンの犯罪率は上がる一方で、凶悪犯罪も増えています。 人々が持つスウェーデンの安全神話を、覆す作品かも。

白い雌ライオン (創元推理文庫)白い雌ライオン (創元推理文庫)
(2004/09)
ヘニング マンケル

商品詳細を見る


首都や都市部のあくせくした雑踏の中ではなく、南部の田舎町だからこそ、浮き彫りにされる残虐性や、はっきり見えてくる問題、そして人間らしさがあります。

目くらましの道 上 (創元推理文庫)目くらましの道 上 (創元推理文庫)
(2007/02/10)
ヘニング・マンケル

商品詳細を見る


犯罪の舞台は、スウェーデンに止まらず、国境を越え、国際的な問題を含んでいる場合が多く、奥が深い。

目くらましの道 下 (創元推理文庫)目くらましの道 下 (創元推理文庫)
(2007/02/10)
ヘニング・マンケル

商品詳細を見る


落ち着いた語り、でもスリルに満ちた、そして深く重苦しい内容が多いですが、もちろんユーモアも忘れていません。 作者は、事件を追うことだけを目的とせず、その過程の状況説明から登場人物の心理描写まで、しっかり書いています。 だから、心を打たれる場面も多く、読み終わっても胸の奥に、何かが残る。 どれも読み応えのある作品です。

笑う男 (創元推理文庫)笑う男 (創元推理文庫)
(2005/09/30)
ヘニング・マンケル

商品詳細を見る


ヘニング・マンケルは作家としての経歴も長く、児童文学、戯曲、エイズ撲滅のための著書など数多く執筆していますが、刑事ヴァランダーは1997年にシリーズ1作目が登場して以来、毎年新作が発表され、そのたびに大ヒット。 TVドラマや映画も、数多く製作されています。 ロケ地はもちろん、Ystad。

wallander.jpg

原作や映画での、ヴァランダーの足跡をたどるマップが、観光案内所に置いてありますよ。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク


 | HOME |  »

検索はこちらで


↓グーグルで検索↓
カスタム検索

↓ブログ内検索↓


スポンサーリンク



カテゴリー



プロフィール


Kanel

Author:Kanel
「Kanel」 とはスウェーデン語で、「シナモン」のこと。 写真はスウェーデン名物、Kanelsnäcka(シナモンロール)と、私の大好きなスウェーデンの絵本、Findusです。


メッセージ



タグ


タグのキーワードからも記事を検索できます。

リンドグレーン ムーミン スコーネ  ラーゲルレーヴ ブリクセン ニルス アラビア 切手 バック フィンランド ドイツ アルフォンス ワンダーブック Nordqvist ラーバン バウアー Bergman ベスコフ アンデルセン トムテ Findus デンマーク ピッピ リネン うんち ルイボス バーナビー警部 スウェーデン 刺繍 アルミニア レトロ クリスマス ロイヤルコペンハーゲン ジョン ホガナス サッシェ サシェ リッラン リンdグレーン パエトーン ミヤオ Tan Shaun マウス ぽこよ Bilibin ビリービン ホッツェンポロッツ 赤坂三好 えほん寄席 しばわんこ クリスマスシrール オペラ くるみ割り人形 リスベスツヴェルガー ヴァランダー リネア バムセ オースティン 復活祭 人形 古本屋 おがくず人形 Ottalia Adelborg ケイトグリーナウェイ 鉤針編み チロルテープ カフェマット クロス 


北欧絵本関連




RSSフィード



訪問してくださった方々



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。