北欧絵本、子供と一緒に世界中の本を読もう

海外で読書を通じての日本語育児中。 また北欧の本を中心に、その他ジャンルや国を問わずお気に入りのことなどを個人的なエピソードと共にご紹介。
2017/05 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

ムーミン by トーベ・ヤンソン

先日スウェーデンのテレビで、「Mumins memoarer(ムーミンの思い出)」という、ムーミンと作者であるトーベ・ヤンソンのドキュメンタリー番組が放映されました。 これは昨年、ムーミン誕生60周年を記念して、フィンランド放送が製作したものらしいです。

トーベ・ヤンソンが子供の頃暮らした家、遊び場だった森、島などを訪れると、人々は「あ、ここはムーミン谷だ」と、驚くとか。 それほど、トーベ・ヤンソンの描くムーミンの世界は、彼女の世界にも密着し、ムーミンには実際のモデルが多くあったよう。 

ムーミンのお話が書かれたのは、第2次世界大戦中のこと。 初期に書かれた、洪水でムーミン谷から非難するエピソードなど、戦時中の背景が色濃く出ているなど、トーベ・ヤンソンとムーミンのバックグランドを、番組は紹介していきます。

ムーミンのお話は、大人からも子供からも受け入られ、劇化されるなどして大人気に。 そしてコミックが登場するのですが、それについては、また明日書くとして・・・

ムーミン童話全集〈別巻〉/小さなトロールと大きな洪水 ムーミン童話全集〈別巻〉/小さなトロールと大きな洪水
トーベ ヤンソン (1992/06)
講談社
この商品の詳細を見る

トーベ・ヤンソンはフィンランド人で、フィンランドに暮らしていましたが、彼女の作品は全て、スウェーデン語で書かれています。 というのも、フィンランドは隣国スウェーデンに長い間支配され、スウェーデン語を母国語とするフィンランド人も多く、トーベ・ヤンソンの家族も、スウェーデン語を話していました。

でもスウェーデン語とフィンランド語は、隣国同士ながら、まったく異なる言語! スウェーデン語は、英語やドイツ語など、他のヨーロッパ語と同じインド・ヨーロッパ語族が語源の言語ですが、フィンランド語は、ウラル語族です。 (ウラル語は他に、エストニア語、サーミ語、ハンガリー語など。)

スウェーデン語とフィンランド語は、発音もまったく異なり、フィンランド人が喋るスウェーデン語は、独特の発音とメロディ。 「フィンランド系スウェーデン語」と呼ばれるようです。 そして、フィンランド生まれですがスウェーデン語で書かれているムーミンは、この「フィンランド系スウェーデン語」を喋る、という認識が、北欧人の間ではあるよう。

この番組のナレーションも、「フィンランド系スウェーデン語」でした。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク


ムーミン(コミック) by トーベ・ヤンソン

フィンランド放送製作の「Mumins memoarer(ムーミンの思い出)」という番組によると、トーベ・ヤンソンは、最初フィンランドの新聞に、ムーミンの漫画を連載します。 しかし半年ほどで打ち切り。 その後イギリスから声がかかり、1953年からイギリスの新聞「イヴニング・ニュース」に、新たにムーミンのコミック版の連載を始めます。 しかしトーベ・ヤンソンが執筆したのは、最初の6年ほど。 60年以降は弟のラルス・ヤンソンが引き継ぎ、その後15年に渡って連載は続けられました。 日本では、あまり知られていない事実ですよね。

ムーミンコミックの広告を載せた車(タクシーかな)、がロンドン市内で連なっている当時の映像が出てきましたが、イギリスでもムーミンは大人気だったよう。 現在は、どうなのかな?

黄金のしっぽ ― ムーミン・コミックス1巻 黄金のしっぽ ― ムーミン・コミックス1巻
トーベ ヤンソン、ラルス ヤンソン 他 (2000/07)
筑摩書房
この商品の詳細を見る

フィンランドで生まれ、スウェーデン語で書かれたムーミンは、両国で国民的人気があります。 誰もが子供の頃からムーミンに親しみ、ムーミンと共に成長し、大人になってもムーミンを読む。 スウェーデン人の夫も、義母も、伯父も、皆ムーミンが大好き。 そして、日本から来た私も然り。 (しかし義父はドイツ人なので、ムーミンに興味なし!?)

1時間ものの番組「Mumins memoarer」の後半、舞台は日本へ・・・(続く)


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク


 | HOME |  »

検索はこちらで


↓グーグルで検索↓
カスタム検索

↓ブログ内検索↓


スポンサーリンク



カテゴリー



プロフィール


Kanel

Author:Kanel
「Kanel」 とはスウェーデン語で、「シナモン」のこと。 写真はスウェーデン名物、Kanelsnäcka(シナモンロール)と、私の大好きなスウェーデンの絵本、Findusです。


メッセージ



タグ


タグのキーワードからも記事を検索できます。

リンドグレーン ムーミン スコーネ  ラーゲルレーヴ ブリクセン ニルス アラビア 切手 バック フィンランド ドイツ アルフォンス ワンダーブック Nordqvist ラーバン バウアー Bergman ベスコフ アンデルセン トムテ Findus デンマーク ピッピ リネン うんち ルイボス バーナビー警部 スウェーデン 刺繍 アルミニア レトロ クリスマス ロイヤルコペンハーゲン ジョン ホガナス サッシェ サシェ リッラン リンdグレーン パエトーン ミヤオ Tan Shaun マウス ぽこよ Bilibin ビリービン ホッツェンポロッツ 赤坂三好 えほん寄席 しばわんこ クリスマスシrール オペラ くるみ割り人形 リスベスツヴェルガー ヴァランダー リネア バムセ オースティン 復活祭 人形 古本屋 おがくず人形 Ottalia Adelborg ケイトグリーナウェイ 鉤針編み チロルテープ カフェマット クロス 


北欧絵本関連




RSSフィード



訪問してくださった方々