北欧絵本、子供と一緒に世界中の本を読もう

海外で読書を通じての日本語育児中。 また北欧の本を中心に、その他ジャンルや国を問わずお気に入りのことなどを個人的なエピソードと共にご紹介。
2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク


Ture Sventon, Privatdetektiv by Åke Holmberg

作者の Åke Holmberg (1907 – 1991) はスウェーデン人。 スウェーデンでは、児童文学作家として知られています。 もっとも有名なのは、この ”Ture Sventon” シリーズで、計9冊の本を書き、いくつかの文学賞も受賞しています。 ”Ture Sventon” は、本の他にも、挿絵を手がけた Sven Hemmel との漫画が出版され、映画やTVドラマにもなりました。 原作を読んだことはなくても、映像で親しんだ世代も。

Ture Sventon

『Ture Sventon, Privatdetektiv (トゥーレ・スベントン 私立探偵)』は、シリーズ第1作。 Ture Sventon は、我らが主人公、私立探偵の名前です。 本当は、Sture Svensson だったのですが、 s の発音ができないので、こう改名したとか。

ある日、ストックホルムの Sventon の事務所に、謎めいたオリエンタル人が絨毯を売りに来ます。 なんとこの絨毯、空飛ぶ魔法の絨毯! スウェーデン南部の大きな家に住む、平和に暮らす二人の老婦人のもとに、脅迫状が届きます。 そこで老婦人は、Sventon に助けを求め、Sventon は空飛ぶ絨毯で、悪党を捕まえようと・・・

あらすじだけ書くと他愛ないのですが、このお話が楽しいのは、ユーモラスな登場人物、ちょっとした小道具、夏の日の風景など、細部が光っているところ。 思わずクスクス笑みがこぼれます。 特に、この本が書かれた1940年代の終わり、のんびりした日常や善良な人々の、スウェーデンの描写が、たまらなく魅力的。

Sven Hemmel の挿絵も、味があって、このお話にピッタリ。 でも漫画の方は、いまいちなんだな~。

スウェーデン語クラスの読書感想として、私はこの本をスウェーデン語の原書で読みました。 短いし、子供向けの本なので、読みやすいだろうと。 一昔風の言い回しやスラングなどありますが、分かりやすいスウェーデン語です。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク

スポンサーサイト

ニルスのふしぎな旅 by セルマ・ラーゲルレーフ

今年、2006年は、ニルス生誕100周年。 つまり、『ニルスのふしぎな旅』が、スウェーデンの女流ノーベル賞作家、セルマ・ラーゲルレーヴ (Selma Lagerlöf1858--1940)により書かれ、出版され、100年です。

スウェーデン語の原題は、Nils Holgerssons underbara resa genom Sverige (ニルス・ホルガーソンの不思議なスウェーデン旅行)。 スウェーデン南端のスコーネ地方に住むニルスは、動物に悪さばかりする悪戯坊主。 そのゆえ、魔法の力で小さくされ、野生のガンの群れと共に、スウェーデン北端のラップランド地方まで旅するはめに。 ニルスは鳥の背中からスウェーデンの国土を見、スコーネに戻ってきます。 セルマ・ラーゲルレーフは、小学生がスウェーデンの地理を学ぶ為の物語を、という要請を受け、この本を執筆しました。

『ニルス』に学ぶ地理教育―環境社会スウェーデンの原点 『ニルス』に学ぶ地理教育―環境社会スウェーデンの原点
村山 朝子 (2005/12)
ナカニシヤ出版
この商品の詳細を見る

それならば、スウェーデン人の誰もが、この本を読んだことあるのね!? と、夫に聞いてみると、「うーん、学校の教科書に抜粋されて載っていた箇所を、ちょっと読んだだけ」。 義母に聞いてみると、「うーん、学校の教科書に抜粋されて載っていた箇所を、ちょっと読んだくらいかしら」。 (義父はドイツ人なので、読んだことがない。) 

スウェーデン人なのに、『ニルスのふしぎな旅』を読破した人は、少ないよう。 それもそのはず、図書館で原書を手に取り、びっくり。 600ページもあるのです! 辞書並みの厚さ!! しかも100年前のスウェーデン語って、大人が読んでも難しいでしょう。 なので、子供向けに物語を短くしたもの、美しい挿絵の絵本など、色々なヴァージョンが出版されています。 他言語にも多く訳され、下の写真の絵本は、ドイツ語版。

Nils Holgerssons wunderbare Reise Nils Holgerssons wunderbare Reise
Selma Lagerloef (2005/10)
Lentz, Georg
この商品の詳細を見る

セルマ・ラーゲルレーフは、偉大なスウェーデン人作家で、現在彼女の肖像は、20SEK(スウェーデン・クローネ 約300円)紙幣に使われています。

nils1.jpg

その裏側の絵柄は、ガチョウと共に空を飛ぶニルスです。
 
nils2.jpg

彼女の他の作品は、大人を読者としたもので、暗くシリアスなものが多いですが、想像力に富み、スウェーデンの美しい自然、人間の持つ悲しさ、ちょっとしたユーモアなど、読んでいて胸を打たれます。 特に感情表現が苦手な昔のスウェーデン人の、抑えられ、でも滲み出てくる感情が、あますとこなく描かれ、素晴らしいものです。 そんな彼女の『ニルスのふしぎな旅』、実は私も読んだことがありません。 この機会に、ぜひ手に取りたいと思います。

ニルスのふしぎな旅〈1〉 ニルスのふしぎな旅〈1〉
ラーゲルレーヴ (1982/01)
偕成社
この商品の詳細を見る


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク


 | HOME |  »

検索はこちらで


↓グーグルで検索↓
カスタム検索

↓ブログ内検索↓


スポンサーリンク



カテゴリー



プロフィール


Kanel

Author:Kanel
「Kanel」 とはスウェーデン語で、「シナモン」のこと。 写真はスウェーデン名物、Kanelsnäcka(シナモンロール)と、私の大好きなスウェーデンの絵本、Findusです。


メッセージ



タグ


タグのキーワードからも記事を検索できます。

リンドグレーン ムーミン スコーネ  ラーゲルレーヴ ブリクセン ニルス アラビア 切手 バック フィンランド ドイツ アルフォンス ワンダーブック Nordqvist ラーバン バウアー Bergman ベスコフ アンデルセン トムテ Findus デンマーク ピッピ リネン うんち ルイボス バーナビー警部 スウェーデン 刺繍 アルミニア レトロ クリスマス ロイヤルコペンハーゲン ジョン ホガナス サッシェ サシェ リッラン リンdグレーン パエトーン ミヤオ Tan Shaun マウス ぽこよ Bilibin ビリービン ホッツェンポロッツ 赤坂三好 えほん寄席 しばわんこ クリスマスシrール オペラ くるみ割り人形 リスベスツヴェルガー ヴァランダー リネア バムセ オースティン 復活祭 人形 古本屋 おがくず人形 Ottalia Adelborg ケイトグリーナウェイ 鉤針編み チロルテープ カフェマット クロス 


北欧絵本関連




RSSフィード



訪問してくださった方々



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。