北欧絵本、子供と一緒に世界中の本を読もう

海外で読書を通じての日本語育児中。 また北欧の本を中心に、その他ジャンルや国を問わずお気に入りのことなどを個人的なエピソードと共にご紹介。
2017/05 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

Hemslöjdsbutiken 伝統手芸のお店

スコーネ東海岸沿いにある Landskorna Citadell 内に、Hemslöjdsbutiken (手芸のお店)があります。 Hemslöjd とはスウェーデン語で、ハンドクラフト、手芸の意味。 古い広い家を改造したお店は、雰囲気も良く、スコーネの伝統的な手芸品から、伝統を模写した現在のアーティストによる作品、テキストタイル品、布地や毛糸、リネンなどの材料も揃っています。

citadelhems1.jpg

いろいろインスピレーションを受ける、ハンドメイドの宝庫。 特に今回、私が気になったのは、毛糸のカーディガン。 袖元や襟ぐりに、布地をパッチしてあります。 それが、とってもステキなの。 手持ちの、デザインに飽きて着なくなったカーディガンやセーターに応用できそう! (いっつも、そんなこと思うだけで、なかなか実行しないのですが・・・)

citadelhems2.jpg

古いシーツなどの布地を裂いて、機織で織った、trasmatta (トラースマッタ)。 某スウェーデンの大型安売り家具店でも、このようなマット売っています。 でも、古い布地の再利用ではなく、賃金の安い国で作った雑な大量生産。 本当の trasmatta (ぼろきれマット)は、貴重な布地を無駄にせず再び使用する精神と、ひとつひとつ布地を裂いて色合いを見ながら織り込む手作りの精神から出来たものです。 手間と心がかけられているので、お値段も・・・ このお店で販売している手作り品の値段といったら、とても私は手が出ません。 それゆえ、ひたすら見つめて技術を盗むしか、ない。

citadelhems3.jpg

織物といえば、フランドル織りもスウェーデンの伝統手芸として有名。 タペストリーやクッションなど、義母も自分の母親や伯母が作ったものを持っています。 このような伝統手芸は、1900年代の始めにスウェーデンで盛んに行われ、ブームになったそう。

citadelhems4.jpg

夏の間は、カフェもオープン。

citadelhems5.jpg

このお店は、今は個人のオーナーに変わってしまったそうですが、もとは Föreningen Hemslöjden (手芸の同好会、サークル)が経営していたもので、今でも同好会の本拠地となっているようです。 1990年に Landskorna Citadell 内に居を構え、スコーネ唯一の Hemslöjdsbutiken。 でも店員さんが、今度お店は城内に移るなんて言ってたので、もうこの建物じゃなくなってしまうのかな。 


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク

関連記事

古いテーブルクロス

春のマーケットに出掛けたものの、特に買いたいものは見つからず、ふと沿道にあるレッドクロス (Red Cross 赤十字)のお店(寄付された不用品などを売り、収益金は慈善事業資金になります)に入りました。 

スウェーデンには、アンティークショップも多いですが、慈善事業で中古の不用品を売るお店もたくさんあります。 (←こっちの方が値段も安く、思いがけない掘り出し物が見つかることも。)

そこで見つけたのは、60~70年代風デザインの布製テーブルクロス。 この色合いやパターンに惹かれます。 うちの台所のテーブルに、大きさも合いました。

stech3.jpg

そして一緒に置いてあった、麻に手縫いの細かい刺繍がしてあるクロスも。 私も自分の花嫁衣裳(スウェーデンの民族衣装を縫ったときに、ちょっと学びましたが、麻の織り目を数えてすくいステッチする方法です。 長方形に薄緑の刺繍糸のステッチは、シンプルで色合いもステキ。 正方形にグレーの刺繍糸は、複雑なステッチに心動かされ。

緑のクロスは、廊下に置いてある、家具職人であった morfar (母方の祖父)が造った飾り台の上に敷いてみました。

stech1.jpg

グレーの方は、用途に困るなぁと思ったのですが、小さなランプ(これも夫の祖父母が使っていた品)の下に敷いたら、なんとピッタリ。 (ピンクの靴は、ハンドメイドの人形用の靴。)

stech2.jpg

この品々、値段がついてなかったので店員さんに聞いたら、「テーブルクロスは15kr。 小さなクロスはひとつ5kr だけど、3点まとめて買うなら20krでいいわ」というお値段でした。 お店の中は整頓され、商品の質も良く、また店員さんが良心的。 義母も、自分の服を作る布地を20krで購入、大満足。 「いつも不用品は教会のお店に持って行ってたけれど、今度からレッドクロスの方に寄付しよう」なんて言っていました。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク

関連記事

 | HOME | 

検索はこちらで


↓グーグルで検索↓
カスタム検索

↓ブログ内検索↓


スポンサーリンク



カテゴリー



プロフィール


Kanel

Author:Kanel
「Kanel」 とはスウェーデン語で、「シナモン」のこと。 写真はスウェーデン名物、Kanelsnäcka(シナモンロール)と、私の大好きなスウェーデンの絵本、Findusです。


メッセージ



タグ


タグのキーワードからも記事を検索できます。

リンドグレーン ムーミン スコーネ  ラーゲルレーヴ ブリクセン ニルス アラビア 切手 バック フィンランド ドイツ アルフォンス ワンダーブック Nordqvist ラーバン バウアー Bergman ベスコフ アンデルセン トムテ Findus デンマーク ピッピ リネン うんち ルイボス バーナビー警部 スウェーデン 刺繍 アルミニア レトロ クリスマス ロイヤルコペンハーゲン ジョン ホガナス サッシェ サシェ リッラン リンdグレーン パエトーン ミヤオ Tan Shaun マウス ぽこよ Bilibin ビリービン ホッツェンポロッツ 赤坂三好 えほん寄席 しばわんこ クリスマスシrール オペラ くるみ割り人形 リスベスツヴェルガー ヴァランダー リネア バムセ オースティン 復活祭 人形 古本屋 おがくず人形 Ottalia Adelborg ケイトグリーナウェイ 鉤針編み チロルテープ カフェマット クロス 


北欧絵本関連




RSSフィード



訪問してくださった方々