北欧絵本、子供と一緒に世界中の本を読もう

海外で読書を通じての日本語育児中。 また北欧の本を中心に、その他ジャンルや国を問わずお気に入りのことなどを個人的なエピソードと共にご紹介。
2017/10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

最初のムーミン本

ブックフェアお土産第三弾です。

ブックフェア前に風邪をひいて体調が思わしくなかった夫、疲れて熱も出てきたようなので、宿泊先に戻って休むことにしました。

会場を出るとき、フィンランド大使館のブースで、ムーミンの本を売っているのを目にし、具合が悪く気持ちも萎えている時は、ムーミンの本を読むと心がほっこり癒されるので、思わず足を止めました。

長いことスウェーデン語では再版されていなかった、最初のムーミン本を見つけ購入。 最初のムーミン本が発行されたのは1945年のこと。 (夫の伯父は、子供の頃買ってもらった、この初版のムーミン本を持っているとか! 伯父さんもムーミンの大ファン。)

小さなトロールと大きな洪水 (ムーミン童話全集)小さなトロールと大きな洪水 (ムーミン童話全集)
(1992/06)
Tove Jansson、冨原 眞弓 他

商品詳細を見る

最初のムーミンって、後のムーミンとは、顔立ちが違うなぁ。

muminfirst.jpg

側にムーミンのシールが置いてあって、これ貰ってもいいですか?と聞くと、どうぞ、とのこと。 ムーミン本50周年のとき作られたものらしい。 ユーモラスな絵柄が、かわいい以上の人を惹きつける魅力を持っていますよね。

muminsticker.jpg

そのとき、ブースの人が「あら、あなた顔色悪いわね」と気づき、夫が「ええ、ちょっと熱があるようで」と答えると、「じゃあ、あなたを元気つけるものもあげるわね」と、取り出したのがこちら。

muminbag.jpg

ムーミンの紙袋です。 このリース状になったムーミンキャラクターたちの絵柄、すっごくかっこいい。 真ん中にいるのがスナフキンっていうのも、いいなぁ。

夫が、ムーミンバックを貰ったとき、フィンランド大使館の人が ”Du kan få Mumin påse också” (ムーミンバックもあげるわね)と言ったセリフを口真似するのですが、それがおかしい。 フィンランドの人達は、フィンランド訛りの独特なスウェーデン語を話し、ムーミンたちもそのようなスウェーデン語を話すとされています。 (このことは以前にも書きましたが。) なので、ムーミン谷の誰かから、もらったような感じがするのです。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク

関連記事

ムーミンのアラビア社製マグカップと Höganäs

ついに買ってしまった~、フィンランドの陶器会社アラビア (FINLAND ARABIA) から出ている、ムーミンキャラクターのマグカップ。 お店で見るたびに、欲しいなぁ、と思いつつ、高価なので手が出せず。

mumin3.jpg

このシリーズは絵柄の種類が豊富ですが、今回珍しい脇役キャラクター、トフスランとビフスランを見つけて。 はっきりした色合いが目を引き、またユーモラスな二人がカワイイ~~と、一度手に持ったら離せなくなってしまいました。 夫もトゥティッキーのカップを見つけ、手に持ったまま離さず・・・

mumin1.jpg

アラビア社の陶器は、手触りがやさしく、落ち着きます。 ムーミンのシリーズは、このカップが手元にあるだけで、楽しくなります。 表と裏(?)で、人物も正面と背面になる、凝った面も。

mumin2.jpg

アウトレットショップで購入したので、通常のお店の定価よりちょっと安かったけれど、それでも、日本円に換算したら2000円はします。 すると、スウェーデンで、定価で購入するより、日本で輸入販売されているものの方が、安い! ふぅ~、本当にスウェーデンは物価が高いわぁ・・・ これだから、買い物の楽しみがありません。 ため息ばかり。

このアウトショップは、Höganäs Keramik という高級陶器の工場直営店。 (今は、iitala グループの中に入っていますが。) Höganäs (ホガナス)は、工場がある町の名前でもあり、このあたりは窯業が盛ん。 それも、日本の焼き物に通じる味わいを持つものが多いです。

夫の実家がある町なので、遊びに行くと、ときおりこのアウトレットショップを覗きに行くわけです。 アウトレットでも、やっぱり高い・・・ でも、品揃えが豊富で、通常の店にはない掘り出し物が、バーゲン価格になっていることも。 今回見つけたのは、このカップ。

mumin4.jpg

模様が浮き彫りになっているデザインなんて、珍しい。 ホガナスの特徴は、stoneware(妬器)と呼ばれる焼き方で、厚みがあり頑丈。 デザインはシンプル、色は(1点につき)1色というもの。 色の種類は豊富です。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク

関連記事

 | HOME |  »

検索はこちらで


↓グーグルで検索↓
カスタム検索

↓ブログ内検索↓


スポンサーリンク



カテゴリー



プロフィール


Kanel

Author:Kanel
「Kanel」 とはスウェーデン語で、「シナモン」のこと。 写真はスウェーデン名物、Kanelsnäcka(シナモンロール)と、私の大好きなスウェーデンの絵本、Findusです。


メッセージ



おすすめリンク



タグ


タグのキーワードからも記事を検索できます。

リンドグレーン ムーミン スコーネ  ラーゲルレーヴ アラビア 切手 ニルス ブリクセン フィンランド バウアー ドイツ Nordqvist ラーバン アルフォンス バムセ Bergman ベスコフ ピッピ バック アンデルセン トムテ Findus ワンダーブック デンマーク リネン バーナビー警部 ルイボス スウェーデン アルミニア 刺繍 うんち レトロ クリスマス ロイヤルコペンハーゲン サッシェ ジョン ホガナス サシェ 人形 リンdグレーン パエトーン ミヤオ Tan Shaun マウス ぽこよ Bilibin ビリービン ホッツェンポロッツ 赤坂三好 えほん寄席 しばわんこ クリスマスシrール オペラ くるみ割り人形 リスベスツヴェルガー ヴァランダー リネア オースティン レオナルド・ダ・ヴィンチ 復活祭 リッラン 古本屋 おがくず人形 Ottalia Adelborg ケイトグリーナウェイ 鉤針編み チロルテープ カフェマット クロス 


北欧絵本関連




RSSフィード



訪問してくださった方々