北欧絵本、子供と一緒に世界中の本を読もう

海外で読書を通じての日本語育児中。 また北欧の本を中心に、その他ジャンルや国を問わずお気に入りのことなどを個人的なエピソードと共にご紹介。
2017/08 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク


カレン・ブリクセンの肖像

ひょんなきっかけでカレン・ブリクセンというデンマーク人作家に興味を持ち出したら、向こうからちょこちょこ情報が飛び込んで来て、驚くことしきり。

きっかけの数日後、夫の友人のお父様から電話があり(息子さんが海外を飛び回る生活をしているので、寂しくなるとうちの夫に話し相手を求む)、「カーレン・ブリクセンの映画『バベットの晩餐会』のDVDが欲しいんだけど、見つけるの手伝ってくれない?」

えっ、いきなり相手の口からカレン・ブリクセンが飛び出すなんて、不思議というか不気味というか。 マメ鉄砲くらった気持ちで、つい最近カレン・ブリクセンについて話していたんですよ~と言うと、相手からは「私の母とカレン・ブリクセンは友達だったんだよ」という発言が。

ちょっとお年を召したこのお父様、正真正銘の貴族であります。 そしてカレン・ブリクセンはスウェーデンに住む貴族 Bror von Blixen-Finecke と結婚しました。 私らのような平民には分かりませんが、貴族や有名な資産家って、皆繋がりがあったり顔見知りだったりするのね。

(ところで、カレン・ブリクセンに梅毒を移し、後に離婚するこの不誠実な夫 Bror Blixen。 とんでもない悪い奴なんだと思っていたら、ノーベル賞作家であるヘミングウェイと親交が深く、ヘミングウェイはBror Blixen を尊敬し英雄視し、作品の中にも登場させているという人物。)

こちらは、現在のデンマーク50kr紙幣。 カレン・ブリクセンの肖像が使われています。 (デンマークのコインにはハートが刻まれていたり、日本の硬貨と同じく穴が開いたりして可愛い。)

blixen50kr.jpg

さて、その週末、泊まりに行った夫の実家で、義父がかちゃかちゃテレビのチャンネルまわしていると、画面に現れたのは、またもカレン・ブリクセン!

デンマークのチャンネルで、カレン・ブリクセンの特集番組を放映していたのですがが、うちは現在テレビのない生活をしているので、ここに来なければ見られなかった。 テレビ欄には『偉大なデンマーク人』というタイトルしかなかったので、本当に偶然目にすることができた番組。

この番組では、カレン・ブリクセンの生涯を追っていました。 裕福な家庭に生まれ、軍人であり作家であった父親から創作に関する大きな影響を受け、コペンハーゲンとパリで絵画を学び、結婚しアフリカに渡ったものの、夫からは梅毒を移され一生苦しむことに。 これは、当時受けた治療が良くなかった為らしい。 離婚したもののアフリカの地に残り、コーヒー農園を経営しますが、このとき彼女が唯一なんでも話すことができた親友(であり恋人)が、映画『愛と悲しみの果て』でロバート・レッドフォードが扮したデニス。 イギリス出身の偉大なハンターですが、その彼も飛行機事故で他界します。

アフリカで農園の経営に行き詰っていていたカーレンを、彼女の母親は「もう充分でしょ。 帰ってきなさい」とデンマークへ引き戻し、カレン・ブリクセンは生家で執筆活動を始めます。 この生家は現在、博物館になっていて、最近訪れました。

デビュー作『七つのゴシック物語』はアメリカで最初に出版され、アメリカでの知名度や人気は高いものでしたが、デンマークではそれほどでもなく、自国で揺るぎない偉大な作家としての地位を得たのは晩年の晩年だったそう。 彼女にかしずく崇拝者たちには奔放な態度を取り、使用人やその子供達とは親しく家族同様の付き合いをしたという逸話が、また彼女の一面を物語っているよう。 健康を害しているもののラジオやテレビ出演をし、彼女が自作を朗読する映像など残されています。

カーレン・ブリクセンの映像を見ていると、現デンマーク君主である女王マーグレーテ二世と、その姿が重なりますが(話し方なども似ているのです)、自分が何者であるか知っている女性の強さ、偉大さ、優雅さゆえでしょうか。

最近、スウェーデンアカデミーが1958年度のノーベル文学賞候補だった作家の名前を明らかにしましたが、そのリストに載っていた作家の一人は、Karen Blixen。 (この年、『バベットの晩餐会』が収録されている ”Anecdotes of Destiny” を発表しています。 受賞したのは『ドクトル・ジバコ』のボリス・パステルナークでした。) カレン・ブリクセンを知れば知るほど、なぜ彼女にノベール文学賞が与えられなかったのか腑に落ちない思いでしたが、「やっぱりね」。 そう、彼女が言って来たようなタイミングに、またもや不思議な気分になるのでした。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク

関連記事
スポンサーサイト

Seven Gothic Tales by Isak Dinesen

デンマークの女流作家、カレン・ブリクセン (Karen Blixen) の初出版作品、『七つのゴシック物語』。

タイトルどおり、7つの幻想的な物語が収められています。 この作品を、カーレン・ブリクセンが、デンマーク、イギリス、アメリカの出版社に送ったら、デンマークとイギリスからは「ファンタジー色が強すぎる」と却下され、アメリカからは好意的な返事を受け、1934年にアメリカから出版されました。

sevengothic1.jpg

図書館で、英語版の ”Seven Gothic Tales” を探したところ、なんと出てきたのは1934年のアメリカ版!

sevengothic2.jpg

古い印刷のぬくもりが、なんとも厳かで幸せな気持ちにしてくれます。

sevengothic3.jpg

物語の舞台は、主に1800年代のヨーロッパ。 デンマークだったり、イタリアだったり、フランスだったり・・・ 英語で書かれていながら、突然フランス語での会話が始まり、戸惑うことも。 登場人物の多くは貴族で、上流階級の生活様式にのっとり、夢だか現実だか分からぬまま、そこはかとないユーモアにも溢れた、彼女の巧みな話術に引き込まれていきます。 ふと、ガルシア・マルケスなどラテンアメリカ作家の「魔術的リアリズム(マジック・リアリズム)を思いました。 心の奥にある、別の感覚を突かれるような感じ。 心がじんわり暖かくなる展開もあれば、冷たい指先で頬を撫でられるような、ひんやりした展開も。 

”Seven Gothic Tales” の日本語訳は、

夢みる人びと―七つのゴシック物語 1 (ディネーセン・コレクション 2)

夢みる人びと―七つのゴシック物語1 (1981年) (ディネーセン・コレクション〈2〉)

ピサへの道―七つのゴシック物語 2 (ディネーセン・コレクション 3)

ピサへの道―七つのゴシック物語2 (1982年) (ディネーセン・コレクション〈3〉)

ところで、彼女はデンマーク語と英語で執筆活動を行っていましたが、デンマーク語版では Karen Blixen (本名から)、英語版では Isak Dinesen という男性名のペンネームを使っていました。 (Dinesen は彼女の結婚前の旧姓。) ところが日本語では、この Isak Dinesen の発音表記が アイザック・ディネーセンであったり、イサク・ディーネセンとあったり。 そして、もちろん、カレン・ブリクセンという名義でも日本語訳が出版されているので、彼女の日本語の出版物を探すのが、分かりづらかった・・・

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク

関連記事

 | HOME |  »

検索はこちらで


↓グーグルで検索↓
カスタム検索

↓ブログ内検索↓


スポンサーリンク



カテゴリー



プロフィール


Kanel

Author:Kanel
「Kanel」 とはスウェーデン語で、「シナモン」のこと。 写真はスウェーデン名物、Kanelsnäcka(シナモンロール)と、私の大好きなスウェーデンの絵本、Findusです。


メッセージ



タグ


タグのキーワードからも記事を検索できます。

リンドグレーン ムーミン スコーネ  ラーゲルレーヴ ブリクセン ニルス アラビア 切手 バック フィンランド ドイツ アルフォンス ワンダーブック Nordqvist ラーバン バウアー Bergman ベスコフ アンデルセン トムテ Findus デンマーク ピッピ リネン うんち ルイボス バーナビー警部 スウェーデン 刺繍 アルミニア レトロ クリスマス ロイヤルコペンハーゲン ジョン ホガナス サッシェ サシェ リッラン リンdグレーン パエトーン ミヤオ Tan Shaun マウス ぽこよ Bilibin ビリービン ホッツェンポロッツ 赤坂三好 えほん寄席 しばわんこ クリスマスシrール オペラ くるみ割り人形 リスベスツヴェルガー ヴァランダー リネア バムセ オースティン 復活祭 人形 古本屋 おがくず人形 Ottalia Adelborg ケイトグリーナウェイ 鉤針編み チロルテープ カフェマット クロス 


北欧絵本関連




RSSフィード



訪問してくださった方々



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。