北欧絵本、子供と一緒に世界中の本を読もう

海外で読書を通じての日本語育児中。 また北欧の本を中心に、その他ジャンルや国を問わずお気に入りのことなどを個人的なエピソードと共にご紹介。
2017/04 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

Ivan Bilibin イヴァン ビリービン

夏休みに夫の実家のある小さな町に行くと、図書館で夏恒例の「古本市」が開催されていました。 図書館の蔵書が、1冊5〜10kr ほど。 子供の本がお目当てで、家族3人で行ったものの、当の子供は興味がなく図書館で騒ぐので、夫は子供を連れて帰ることにし、私一人でゆっくり物色。 義母が喜びそうな絵本も視野に入れて。

昔のLP盤ジャケットを1冊ずつまさぐるように、指ではじきながらチェックし、気になるものを取り出し、しばらく考えてまた戻したり、、、(至福の時間。)

そうして手に取った1冊に釘付け。 それは、それは、美しい装幀とイラストの絵本に息をのみます。

bilibin1.jpg

1ページ捲り、中を確認し、ほぉーと深い溜め息。 なんて緻密で美しい絵でしょう。 ユーゲント・シュテイルや、アールヌーヴォーのミュシャを彷彿とさせるけど、いかにもロシアらしい、神秘的で、原理的で、イコンのような絵柄。 どこか懐かしさも感じる。 

bilibin2.jpg

オリジナルはロシア語らしい。 ロシアの民話って書いてあるし。

そのまま胸に抱きしめ、もちろん料金を払い、実家に戻って、本日の戦利品をテーブルの上に広げますと、夫が「あ、これは僕の本だ!」と叫び、件のロシアの絵本を胸に抱え、自室に行ってしまうではありませんか。

ちょ、ちょっと、それは私の為に購入したんだけど、、、

私はこのイラストレーターを知らなかったけれど、夫は知っていたそう。 と言っても、詳しくは知らず、このイラストレーター装幀の本を何冊か見たことがあり、強く惹かれたものの、自分の手元に持つことはなかったそう。

それが、何年も何年も経って、突然目の前に現れたのですものね。

この本には、「イラストレーター I. Bilibin」としかなかったのですが、ネットで調べてみますと、Ivan Bilibin (イヴァン ビリービン) であることが判明。

20世紀初頭に活躍した、ロシアの画家。 スラヴの神話や民話、ロシアの伝承に強く魅了されると共に、日本の浮世絵にも影響を受けている、との説に納得。

Vasilisa the Beautiful and Baba YagaVasilisa the Beautiful and Baba Yaga
(2012/03/16)
Alexander Afanasyev

商品詳細を見る


日本語やスウェーデン語では、あまり出版されていないようですね。 画集を求めるのなら、英語やドイツ語、ロシア語になるのかな。 (手元にあるこの本は、1978年にソ連で印刷されたもの! だから図書館の古本市はあなどれない。)

しかし、本当に、素晴らしい。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク

関連記事

 | HOME | 

検索はこちらで


↓グーグルで検索↓
カスタム検索

↓ブログ内検索↓


スポンサーリンク



カテゴリー



プロフィール


Kanel

Author:Kanel
「Kanel」 とはスウェーデン語で、「シナモン」のこと。 写真はスウェーデン名物、Kanelsnäcka(シナモンロール)と、私の大好きなスウェーデンの絵本、Findusです。


メッセージ



タグ


タグのキーワードからも記事を検索できます。

リンドグレーン ムーミン スコーネ  ラーゲルレーヴ ブリクセン ニルス アラビア 切手 バック フィンランド ドイツ アルフォンス ワンダーブック Nordqvist ラーバン バウアー Bergman ベスコフ アンデルセン トムテ Findus デンマーク ピッピ リネン うんち ルイボス バーナビー警部 スウェーデン 刺繍 アルミニア レトロ クリスマス ロイヤルコペンハーゲン ジョン ホガナス サッシェ サシェ リッラン リンdグレーン パエトーン ミヤオ Tan Shaun マウス ぽこよ Bilibin ビリービン ホッツェンポロッツ 赤坂三好 えほん寄席 しばわんこ クリスマスシrール オペラ くるみ割り人形 リスベスツヴェルガー ヴァランダー リネア バムセ オースティン 復活祭 人形 古本屋 おがくず人形 Ottalia Adelborg ケイトグリーナウェイ 鉤針編み チロルテープ カフェマット クロス 


北欧絵本関連




RSSフィード



訪問してくださった方々