FC2ブログ

北欧絵本、子供と一緒に世界中の本を読もう

海外で読書を通じての日本語育児中。 また北欧の本を中心に、その他ジャンルや国を問わずお気に入りのことなどを個人的なエピソードと共にご紹介。
2019/02 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 

「不思議の国のアリス」(子供のための遊び場)展

12月に日本から妹が遊びに来た時、ルンドにある屋外博物館 Kulturen Lund に行きました。 お目当ては、『不思議の国のアリス』展

大きなチェス盤。

aliceinwonderland1.jpg

アリスのように小さくなった気分。

aliceinwonderland2.jpg

不思議な鏡の部屋。

aliceinwonderland3.jpg

お茶会。

aliceinwonderland4.jpg

巨大ソファー。

aliceinwonderland5.jpg

というように、ここは『不思議の国のアリス』の本の世界が実物大で再現してあり、子供たちが遊べるようになっている展覧会なのです。 

この展覧会の期間は2018年2月18日~2019年1月13日までで、もう終わってしまったのですが、次回2019年2月17日~2020年1月12日は『ヘンデルとグレーテル』展だそう! お菓子の家・・・

『不思議の国のアリス』の



挿絵といえば、ジョン・テニエルですが・・・



あ、2019年版カレンダー見つけちゃった!



塗り絵もある。



続編『鏡の国のアリス』も。



私は、 アーサー・ラッカムも好きです。



にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク

関連記事

カイサのクリスマスラッピング

去年のクリスマスのことなのですが、祖母からのクリスマスプレゼントを受け取った息子の第一声。

Kajsa kavat (カイサ・カヴァート)だぁ!」

なんのことだと思うのでしょうが、プレゼントのラッピングを見て納得、その発想がほほえましく笑ってしまいました。

このラッピング、ちょっと昔の、近代ヨーロッパのクリスマスと子供たちをモチーフとしたモノクロ写真のデザイン。

kajsakavat2017.jpg

その時代が息子には、「Kajsa kavat (カイサ・カヴァート)」と重なって映ったようです。

Kajsa kavat (カイサ・カヴァート)」はアストリッド・リンドグレーンの児童書で、以前(12年前!!)このブログでもご紹介しました。(←赤文字、リンクしてあります。) クリスマスのお話で、ちょうど学校で先生が本を読んでくださったのでした。

今年は家で、読みましょうか。


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ FC2Blog Ranking


スポンサーリンク

関連記事

 | HOME |  »

検索はこちらで


↓グーグルで検索↓
カスタム検索

↓ブログ内検索↓


スポンサーリンク



カテゴリー



プロフィール


Kanel

Author:Kanel
「Kanel」 とはスウェーデン語で、「シナモン」のこと。 写真はスウェーデン名物、Kanelsnäcka(シナモンロール)と、私の大好きなスウェーデンの絵本、Findusです。


メッセージ



おすすめリンク



タグ


タグのキーワードからも記事を検索できます。

リンドグレーン ムーミン スコーネ  ラーゲルレーヴ アラビア 切手 ニルス ブリクセン フィンランド バウアー ドイツ Nordqvist ラーバン アルフォンス バムセ Bergman ベスコフ ピッピ バック アンデルセン トムテ Findus ワンダーブック デンマーク リネン バーナビー警部 ルイボス スウェーデン アルミニア 刺繍 うんち レトロ クリスマス ロイヤルコペンハーゲン サッシェ ジョン ホガナス サシェ 人形 リンdグレーン パエトーン ミヤオ Tan Shaun マウス ぽこよ Bilibin ビリービン ホッツェンポロッツ 赤坂三好 えほん寄席 しばわんこ クリスマスシrール オペラ くるみ割り人形 リスベスツヴェルガー ヴァランダー リネア オースティン レオナルド・ダ・ヴィンチ 復活祭 リッラン 古本屋 おがくず人形 Ottalia Adelborg ケイトグリーナウェイ 鉤針編み チロルテープ カフェマット クロス 


北欧絵本関連




RSSフィード



訪問してくださった方々